45億ドルを超えた絶好調のデジタルオーディオプレイヤー市場

株式会社データリソース 2005年06月23日

米国の調査会社インスタット社では、携帯用オーディオプレイヤー市場は2009年までに1億400万台に達すると予測している。

ハードディスク型とフラッシュメモリ型のどちらもが急成長している携帯用オーディオプレイヤー市場は、2004年の2780万台から増えて2009年までには1億400万台に達するだろうとインスタット社は予測している。このような市場の活況には、価格の下落、正規サービスの有用性、オンライン上の音楽サイトでの従量制ダウンロード、ハードディスクドライブの小型化、フラッシュメモリ容量の拡大などが好影響を与えている。

「競争の激化に伴い、ベンダは価格の多様化、メモリ容量の増加、サービス特典を提供するなど、製品の差別化に必死だ。その結果、市場が細分化された。例を挙げると、ハードディスクドライブ(HDD)型デジタルオーディオプレイヤーは、1インチ(2.54cm)以下と1.8インチ(約4.5cm)クラスという2つのカテゴリに分けることができる」とインスタット社のアナリストStephanie Guza氏は語っている。

インスタット社はまた、次のような調査結果を明らかにしている。
- HDD型及びフラッシュメモリ型MP3プレイヤーの収益はおよそ45億ドルに達しており、2003年と比較すると200%増という、驚異的な成長を遂げた。
- Apple社のHDD型とフラッシュメモリ型の両方をあわせた携帯用オーディオプレイヤーの世界市場におけるシェアは、世界で30.2%である。
- その他主要ベンダにはRio社、iRiber社、Creative社がある。
- インスタット社では1GB容量もしくは更に大容量のフラッシュメモリ型MP3プレイヤーが2005年末までに世界のフラッシュメモリ型MP3プレイヤーの20%を占めると見ている。
- ユーザ調査のデータの結果、デジタルオーディオプレイヤーを所有する米国の回答者の割合は2001年には16%だったが、2005年は25%に増加したことが分かった。

インスタット社の調査レポート「ポータブルデジタルオーディオプレイヤー:ブームへ向かう市場(Portable Digital Audio Players: Moving to the Beat of a Booming Market)」は、携帯用オーディオプレイヤーの出荷台数と収益の予測データの他に、MP3プレイヤーの所有者に行ったユーザ調査の結果と、主要携帯用オーディオプレイヤーメーカーおよびサプライヤの概要を提供している。


◆調査レポート
ポータブルデジタルオーディオプレイヤー:ブームへ向かう市場
Portable Digital Audio Players: Moving to the Beat of a Booming Market
(リンク »)

◆インスタットについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR