前途有望な東欧のテレビ市場

株式会社データリソース 2005年06月29日

英国インフォーマテレコムズ&メディアは、中欧と東欧で2010年末までにデジタル信号を受信するのは2250万世帯と、2004年の5倍以上に増加すると報告する。

2005年6月17日
インフォーマテレコムズ&メディアの調査レポート「東欧のテレビ市場(第9版)」によれば、中欧および東欧ではデジタルTVに向けた動きが本格化する。同地域で2010年末までにデジタル信号を受信するのは2250万世帯と、2004年の5倍以上に増加するだろう。

調査レポートの著者でメディア調査マネージャのAdam Thomas氏は、「東欧で起こった大きな変化がデジタルTV市場を促進している。最も重要なのはEU加盟国の投資家の市場への信頼が高まったことだろう」と言う。

(図省略)

2010年までに東欧のデジタルTVの普及率はTV所有世帯の15%を超えるだろう。デジタルケーブルは間もなくハンガリー、チェコ共和国、ポーラン

ドで広く普及するだろう。2010年までにケーブル加入率は26%、衛星放送3.2%、地上波デジタル放送2.5%になるだろう。また2010年までにIPTVは東ヨーロッパのTV所有世帯の0.9%を占めるだろう。

(図省略)

Thomas氏によると「今後数年間のデジタルTVの成長は目覚しく、2010年までに普及率は15%となるが、まだまだ成長する余地がある。予測どおり衛星放送、地上波デジタル放送、IPTVはケーブルの普及率が低い国で最も人気が出る。だが、DTTの普及がいくつかの国で遅れ、アナログからデジタルへの移行は予測より遅れる可能性がある。」

2010年までに、同地域の8900万世帯が地上波アナログ放送またはアナログ衛星シグナルを受信する。63%つまり1億4500万の世帯が、地上波デジタル放送、デジタル衛星放送、IPTV、ケーブル(アナログ、デジタルサービス)を受信する。ケーブル加入者は、アナログとデジタルどちらもTV所有世帯の36%を占める。

◆調査レポート
東欧のテレビ市場(第9版)
(リンク »)

◆英国インフォーマテレコムズ&メディアについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR