自動車用センサ

株式会社データリソース 2005年07月13日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。 8月出版予定です。

自動車向けの安全性や快適性のためのシステム、燃料効率の需要、従来の機械から電子システムへの移行に伴って、センサの利用が増加している。センサにはさまざまな大きさや形があるが、すべてなんらかの方法でデータ環境を探知できる機能を持つものであり、いったん設定を行えば車輌のさまざまなシステムの正常な機能を維持することができる。
ABIリサーチの調査レポート「自動車用センサ:加速計、ジャイロ、ホール効果、オプティックス、圧力、レーダ、超音波センサの市場戦略」は、加速計、ジャイロ、ホール効果、光学、圧力、レーダ、超音波センサの2004-2012年の地域別予測を掲載している。また、さまざまなセンサ技術を搭載し、多くのセーフティアプリケーションの詳細なデータを記載している。標準化、パッケージング、規制、コスト、信頼性等の市場要因を深く査定し、主要企業の詳細なプロファイルを提供している。

◆調査レポート
自動車用センサ:加速計、ジャイロ、ホール効果、オプティックス、圧力、レーダ、超音波センサの市場戦略
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR