WiMAX用の半導体

チップセット、技術、市場ドライバ

株式会社データリソース 2005年07月20日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。 8月出版予定です。

ABIリサーチの調査レポート「WiMAX用の半導体:チップセット、技術、市場ドライバ」は、WiMAXの歴史、802.16、a、d等の様々な規格の発展、802.16-2004と802.16eの最新の規格について記載している。WiMAXの世界の周波数に関する戦略の概略と、WiMAXのビジネスモデル、WiMAXを促進するためのオペレータの課題を記載している。
さまざまな地域における現在のWiMAXの試行、固定と移動体のWiMAX市場について考察し、無線オペレータがWiMAXを試行している理由、またWiMAXと無線はWANベースステーションにおいて隣り合わせでいかに共存するか記載している。異なる4つのタイプのCPE、WiMAXインフラとCPE設計の価格を提供している。
ABIリサーチの調査レポート「WiMAX用の半導体:チップセット、技術、市場ドライバ」は、WiMAXチップセットベンダの戦略、RFとブロードバンドのアーキテクチャ、電力消費量、ASP、チップセットの利用、指針、WiMAX BOMの全てのコストについて記載している。予測データは、RFとベースバンドチップセットの出荷台数と収益をエンドデバイスがBTSかCPEかに分け、地域およびエンドユーズセグメント別に提供している。

◆調査レポート
WiMAX用の半導体:チップセット、技術、市場ドライバ
WiMAX Semiconductors: Chipsets, Technologies and Market Drivers
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR