サービスプロバイダ用のWAN機器市場は2004年に回復

株式会社データリソース 2005年07月21日

米国の調査会社インスタット社では、パケット通信のメディアゲートウェイ、ソフトスイッチ、コアとエッジルータ、WiMAXベースのトランシーバ基地局、テレデータコムサーバは、2005年に大きく成長すると予測している。また、マルチサービススイッチ、光伝送機器、DSLAMsも伸びると見ている。

サービスプロバイダのCapExは2004年に世界総計で2070億ドルと回復し、サービスプロバイダ用WAN機器市場に明るい未来が見えたとインスタット社は報告している。有線サービスプロバイダは新しいトリプルプレイと統合MPLSネットワークに投資し、無線サービスプロバイダは新しい3Gインフラストラクチャを構築して、サービスプロバイダCapEx予算は今後5年間、なだらかに成長し続け
るだろう。世界のサービスプロバイダCapEx予算は、2009年に2780億ドルに達すると予測される。

「インスタット社の予測によると、パケット通信のメディアゲートウェイ、ソフトスイッチ、コアとエッジルータ、WiMAXベースのトランシーバ基地局、テレデータコムサーバは、2005年に大きく成長するだろう。また、マルチサービススイッチ、光伝送機器、DSLAMsも伸びるだろう」とインスタットのアナリストHenry Goldberg氏は言う。

インスタット社の調査レポートは以下についても述べている。
- 2004年の世界のWAN機器販売で最も大きいのはモバイルワイヤレスインフラストラクチャで、世界のネットワークCapEx予算のおよそ29%だった。
- かつては有線ネットワーキングハードウエアで最も大きかった音声向け回線交換サービスは、2004年にサービスプロバイダ用のWAN機器販売のわずか5%だった。
- DSLAMポート出荷は2004年力強く成長したが、収益はサプライヤの激しい価格競争によって下落した。

インスタット社の調査レポート「2005年 サービスプロバイダの現状:WAN機器」は、サービスプロバイダ用WAN機器の世界市場の簡潔な概要を提供する。
モバイルワイヤレスのインフラストラクチャ、音声回路スイッチ、パケット通信メディアゲートウェイ、ソフトスイッチ、マルチサービススイッチ、エッジ、コアルータ、光伝送機器、広帯域アクセス設備(DSLAMsとWiMAX)、テレデータコムサーバの5年間予測、様々なカテゴリにおける主なベンダのシェアを提供する。


◆調査レポート
2005年 サービスプロバイダの現状:WAN機器
State of the Service Provider WAN Equipment Market - 2005
(リンク »)

◆インスタットについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR