新記録を達成するも、成長のスピードを弱める携帯電話端末市場

株式会社データリソース 2005年07月21日

米国の調査会社インスタット社では、世界の携帯電話の収益が1120億ドルに近付くと予測している。

携帯電話市場は活発さを維持しており、このままのペースでいけば2005年の出荷数は4年連続記録を達成するが、成長率については数年前の2桁の伸びからは減速していると、インスタット社は報告している。出荷台数の成長率は前年比6%以下になるだろう。

「ペースが落ちているのは、ほとんどまたは完全に成熟した市場と、いくつかの新興市場での成長が期待以下だったことが原因である。これは業界が成熟した証拠である」と無線調査の部長Allyn Hall氏は語っている。

インスタット社はまた、次のような調査結果を明らかにしている。
- 主要メーカ5社は、世界での占有率約80%という最大のシェアを回復するだろう。
- 世界の携帯電話の収益は1120億ドルに近づくことが予測されている。
- インド、中国、東ヨーロッパは、新興市場として成長を導いていくだろう。

インスタット社の調査レポート「2005年携帯電話市場予測:Humming Along(Humming Along: 2005 Mobile Phone Market Forecast)」は、世界の携帯電話市場をカバーしている。また2010年までの出荷台数と地域別収益の予測も提供される。さらに、主要ベンダの概要と主要な市場要因と課題についても触れている。



◆調査レポート
2005年携帯電話市場予測: Humming Along
Humming Along: 2005 Mobile Phone Market Forecast
(リンク »)

◆インスタットについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR