2010年に倍になる西欧のデジタルTV加入者

株式会社データリソース 2005年08月09日

英国インフォーマテレコムズ&メディアは、西欧のデジタルTV世帯数は、2005年に25%増加して年末までに4580万台に達すると予測する。

2010年に倍になる西欧のデジタルTV加入者

2005年7月29日
インフォーマテレコムズ&メディアの調査レポート「西欧のテレビ市場(第9版)」によれば、西欧のデジタルTV世帯数は、2005年に25%増加して年末までに4580万台に達するだろう。同地域のデジタルホームは2001年に2000万を記録し、2006年には5000万世帯を超えるだろう。この調査レポートは、2010年にデジタル加入者は9940万人になり、2005年に比べて倍増すると予測している。

調査レポートの著者Adam Thomas氏は言う。「欧州のデジタルTVの将来は益々明るくなってきている。ケーブルと衛星企業は統合と債務の再編によって利益をあげている。その結果、企業力が向上し、自社のネットワークをアップグレードする財源を得、サービスを大々的に市場に売り込めるようになった。」

(表省略)

2005年末、イギリスは西欧のデジタル全体の34.6%を占めると予測される。イギリスの次はフランスの15.3%、ドイツとイタリアがそれぞれ13.7%を占める。2005年に500万以上増加したが、2010年にイギリスは全体の21.6%まで落ち込むだろう。ドイツの市場は順調で、イギリスを抜き、2010年には全体のシェアを伸ばすだろう。

市場に投入される新しいサービスには、DVRやオンデマンドTV等がある。だがこのニュースが意味するのはいいことばかりではない。ケーブルが比較的確立している国の消費者は、デジタル技術へのアップグレードに抵抗があるためである。

デジタル地上波テレビの状況も複雑である。安価なボックスが入手可能であるイギリスや、政府がセットトップボックスの補助金を出すイタリア等のいくつかの国では普及しはじめているが、他の国ではDTT市場の進展は緩やかかあるいは遅れている。このため、政府が計画しているアナログからデジタルへの移行の日程は現実的ではない。Thomas氏は言う。「東欧のいくつかの国では、アナログ信号からデジタル信号への移行は早期には実現しそうにない。現在デジタル普及率が高い国でさえ、変化を好まない消費者の強い抵抗感という問題に直面する可能性がある。」

DSLの急成長は、IPTV分野での活発な取り組みにつながった。既にいくつかの大きな進捗があり、他にも2005年の後半と2006年にいくつかの進捗が見られるだろう。これは今後数年間で急成長すると見られるが、オペレータはケーブルと衛星が確立した地域の強力な抵抗にあうだろう。

(表省略)

2008年、東欧のデジタル普及率は50%に達し、調査対象国で2010年までにそのレベルに達しないのはわずか2カ国である。2010年末までにケーブルTVはデジタル普及率の26%を占め、DTHが20%、DTTが13%になる。IPTVは西欧のTV世帯の6%を占める。2010年にデジタルTVの普及率は65%と予測され、大幅に成長する可能性がある。

◆調査レポート
西欧のテレビ市場(第9版)
(リンク »)

◆英国インフォーマテレコムズ&メディアについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR