地上波デジタルテレビと無料衛星放送サービス(Free-to-Air)が成長要因となるPCテレビチューナー

株式会社データリソース 2005年08月18日

米国の調査会社インスタット社では、AppleがインテルのモバイルPCプラットホームへ移行したことで、家庭向けデジタルエンタテインメントPCの激しい大接戦の競争時代が始まると見ている。

地上波デジタルテレビ(DTT)と無料衛星放送サービス(Free-to-Air)によって、今後数年間、PCテレビチューナー市場は大きく成長するだろう。PCテレビチューナー市場の世界の売上高は、2009年まで年平均成長率(CAGR)42.6%で伸び、37億USドルに達するとインスタット社は予測している。

「テレビチューナーを搭載しているPCは、ネットワーク接続している家庭に幅広い機能と特徴を提供する。ペイテレビサービス、家電メーカー、PC産業における競争は、PC産業にとって有利になるだろう。PC産業はムーアの法則にのることができ、他の競争相手よりも動きを早めてマイクロソフトのソフトウェアを多くの市場に送り込むようになるだろう」とインスタット社のアナリストGerry Kaufhold氏は語る。

インスタット社は以下についても述べている。
- マイクロソフトのメディアセンターエディション(MCE)マルチメディアパソコンは、世界の30カ国以上の市場を牽引している
- マイクロソフトの次世代ロングホーンOSは、10年前にWindows95がパソコンビジネスに与えたのと同様の、劇的な影響力をマルチメディアパソコンの世界に与えるだろう
- 無料放送サービス(Free-to-Air)を受信できるテレビによって、消費者は月額の料金を払わずに、自分のPCのハードディスクドライブに「コンテンツ」を記録でき、編集でき、DVDにコピーできるようになるだろう
- PCテレビチューナー製品は、カムコーダ、VCR、その他のソースから、映像を「キャプチャ」することができるようになるだろう
- AppleがインテルのモバイルPCプラットホームへ移行したことで、家庭向けデジタルエンタテインメントPCの激しい大接戦の競争時代が始まる
- 地上波デジタルテレビサービスは、PCテレビチューナー向けのソフトウェアをアップデートし続けるために、規模が大きく、財政的に確立したPCテレビチューナー企業を求める

インスタット社の調査レポート「PCテレビチューナー:デジタルリビングルームにおけるマルチメディアPCの先制攻撃 (PC-TV Tuners: Multimedia PCs' Preemptive Strike To Control The Emerging Digital Living Room )」は、世界のPCテレビチューナー市場をカバーし、市場に影響を与える12の主要トレンドを徹底的に議論して、2009年までのPCテレビチューナー販売とユニット出荷を、8つの製品カテゴリに分けて予測している。ベンダプロフィールも掲載している。



◆調査レポート
PCテレビチューナー:デジタルリビングルームにおけるマルチメディアPCの先制攻撃
PC-TV Tuners: Multimedia PCs' Preemptive Strike To Control The Emerging Digital Living Room
(リンク »)


◆インスタットについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR