世界のキャリアグレードDSL設備市場は25%上昇し、IP-DSLAMSは総出荷の22%を占める

株式会社データリソース 2005年08月30日

米国の調査会社ディットバーナーアソシエイツ社は、世界のDSLポート出荷が前四半期比で25%以上増加して1738万となったと報告している。

米国の調査会社ディットバーナーアソシエイツ社の「2005年第2四半期世界のブロードバンド接続(DSL)出荷分析」によれば、世界のDSLポート出荷が前四半期比で25%以上増加して1738万となったとのことである。その内22%はIP-DSLAMsで、主要企業はHuawei Technologies、アルカテル、UTStarcomだった。

DSLポート出荷量のかなりの増加に、IPテレビ、ビデオオンデマンド(VOD)、トリプルプレイなどの新しいサービスを提供できるアクセスネットワークを作り上げようとするオペレータの熱意が見て取れる。2005年第2四半期の分析レポートでは、サービスプロバイダがADSL2+にアップグレードしている一方で、北米のオペレータのCAPEXがDSLからFTTXへ移行しつつあると結論した。

ディットバーナーアソシエイツ社の「2005年第2四半期世界のブロードバンド接続(DSL)出荷分析」

この市場データはBBxDSLとBBFTTXベンダを継続的に調査しており、ビジネスモデル、ケーススタディ、市場予測を四半期ごとにアップデートしつつ提供する。キャリアにはリスクの低いベンダ選択を示唆し、ベンダにはキャリアの優位性や競争、ニッチ市場のビジネスチャンスを提供する。


◆このプレスリリースに関する図表データは下記ページをご覧ください。
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR