世界のキャリアグレードVoIP市場は2005年第2四半期に16.5%成長

株式会社データリソース 2005年08月30日

米国の調査会社ディットバーナーアソシエイツ社では、2005年第2四半期にメディアゲートウエイ、ソフトスイッチ、統合VoIP製品の出荷数は1600万台以上で、特にCALAとEMEAのキャリアのアップグレードによって、2005年第1四半期に比べて16.5%増加し、競争によって価格が下落したことも要因となって成長したと報告している。

米国の調査会社ディットバーナーアソシエイツ社の「2005年第2四半期世界の次世代ネットワーク(NGN)出荷分析」によれば、2005年第2四半期にメディアゲートウエイ、ソフトスイッチ、統合VoIP製品の出荷数は1600万以上であったとしている。特にカリブ海/南米地域(CALA)とヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA)のキャリアのアップグレードによって、2005年第1四半期に比べて16.5%増加し、競争によって価格が下落したことも要因となって成長した。

ノーテルネットワークスは328万8000フVoIPポートを出荷して市場をリードした。シーメンスはアの四半期には世界市場で18.17%のシェアをで2位、Huawei Technologiesは16.19%だった。

この四半期に、カリブ海/南米地域は43.94%、ヨーロッパ・中東・アフリカは31.17%、北米は25.6%とつから強く成長したが、アジア太平洋地域(APAC)は9.8%減少した。

ディットバーナーアソシエイツ社は、次の四半期には世界的にパケット電話への移行が再び展開の歩調を強め、VoIP機器の出荷はさらに成長すると予測する。

米国の調査会社ディットバーナーアソシエイツ社「2005年第2四半期世界の次世代ネットワーク(NGN)出荷分析」

この調査は、世界のVoIP市場規模を、製品毎(メディアゲートウエイ、ソフトスイッチ)、技術毎(分離、統合)、クラスタイプ毎(クラス4、クラス5)、ポートタイプ毎(IP、ATM、TDM)に、ポート出荷と収益を提供する。ポートや収益毎の出荷を地域ごとに提供し、最新のデータに基づいた市場参加企業の比較分析も行う。

◆このプレスリリースに関する図表データは下記ページをご覧ください。
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR