米国の通信市場動向に関する調査レポートをロアグループ社が出版

株式会社データリソース 2005年09月07日

米国通信市場の秤ソ変動や移動体通信市場のMOU、携帯端末の流通チャネル構造など、米国の通信市場について幅広く調査・分析した 「米国通信市場の再編 - 2強時代を迎える通信市場の変化を中心に」レポートの出版をロアグループ社が発表しました。

韓国、中国、そして日本に拠点を置き、世界の移動体市場を調査するロアグループ社は、 米国通信市場の株価変動や移動体通信市場のMOU、携帯端末の流通チャネル構造など、米国の通信市場について幅広く調査・分析した 「米国通信市場の再編 - 2強時代を迎える通信市場の変化を中心に」レポートの出版を発表しました。

ロアグループ社では、レポートの出版にあたり、米国の通信市場について次のように述べています。

- 米国の通信市場の競争構造は、固定及び移動体通信の料金の引下げを誘導している。このような料金引き下げは、不調で苦しむ通信事業者の収益を更に悪化させ、市場規模が持続的に減少する結果を招いた。必然的な市場競争によるM&Aの時期を迎えており、「2強法則」に基づき、事業者間の連携を展開させてきた。
- 大手事業者間の買収・合併により誕生した新しい最大手の事業者は市場で驚くほどのパワーを発揮し、FMC(Fixed Mobile Convergence) サービス及び各種のバンドリングサービスの提供を可能にした。
- これまで通信事業者にとって、ケーブルTV事業者は競争対象ではなかった。しかし、今後は両者の本格的な競争が浮上してきた。ケーブルTV事業者はVoIP(Voice over IP)をはじめMVNO(Mobile Virtual N/W Operator)などを通じて通信市場へ本格的に参入している。


「米国通信市場の再編 - 2強時代を迎える通信市場の変化を中心に」レポートでは、米国通信市場の発展過程と現況について調査し、分析を加えています。また、M&Aや株価変動など投資家にも有益な情報や携帯電話の加入者数やMOUなどの移動体通信市場に関する調査結果など、幅広い観点から米国通信市場を見つめ、分析しています。


◆調査レポート
米国通信市場の再編
2強時代を迎える通信市場の変化を中心に
(リンク »)

◆ロアグループ社
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR