有料動画配信サービスの収益は2009年には26億ドルへ

株式会社データリソース 2005年11月01日

インターネットで加入もしくはダウンロードごとに支払うPPD(Pay-per-download)で配信される非成人向け動画コンテンツの小売収益は、2009年までに世界で26億ドルになるだろうとインスタット社は予測している。

様々な動画コンテンツ配信サービスとの激しい競争にもかかわらず、インターネット経由の動画コンテンツ配信サービスは、インターネットで提供されるあらゆる有料会員サービスの中で最も伸びるだろうとインスタット社は予測している。インターネットで加入もしくはダウンロードごとに支払うPPD(Pay-per-download)で配信される非成人向け動画コンテンツの小売収益は、2009年までに世界で26億ドルになるだろうとインスタット社は予測している。

「ほとんどの消費者は、無料放送やケーブルTV、衛星放送などの有料TVサービスによる映像提供に期待している」とインスタット社のアナリストGerry Kaufhold氏は述べている。「しかし、有料動画コンテンツ市場は主にインターネットで発展するだろう。RSS(Really Simple Syndication)や音声を配信するポッドキャスティング、そしてまもなく開始される映像のポッドキャスティングの支持者達によってインターネット経由の需要は着実に増えていくだろう。Apple社が、ABC『デスパレートな妻たち(原題:Desperate Housewives)』をiTunesサービスで提供すると発表したことは、インターネット動画配信の大きなターニングポイントとなる。」

インスタット社はまた、次のような調査結果を明らかにしている。

- 動画コンテンツを提供する企業にとっての、収益増加のチャンスは多数ある
- 購読者に直接課金できる独立型ポータルサイトの開発
- いくつかの主要ポータルサイトや検索エンジンとの提携と収益分配
- コンテンツアグリゲータと提携して、動画コンテンツを使用許諾製品として集積
- インターネット動画コンテンツを有料テレビサービスに提供
- コンテンツの再利用と携帯電話業界と提携して販路を拡大

インスタット社の調査レポート 「プレミアムインターネットへの加入はパーソナライゼーション、プロテクション、ビデオで進む - Personalization, Protection, Plus Video to Drive Premium Internet Subscription Services」 は、世界のインターネット経由の動画配信サービスによる新しい市場をカバーし、加入者と収益を地域別に予測している。

独立型ポータルサイトは次の4つのカテゴリーに分けて予測している。
1. プレミアムISPサービス
2. スポーツサービス
3. 映画&テレビダウンロードサービス
4. その他、加入者への直接課金やPPVで提供されるサービス


また、大手プレミアムISPのサービスから他の3つのカテゴリーに流れると予測される収益の分配についても分析、予測している。


◆調査レポート
プレミアムインターネットへの加入はパーソナライゼーション、プロテクション、ビデオで進む
Personalization, Protection, Plus Video to Drive Premium Internet Subscription Services
(リンク »)


◆インスタットについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!