ケーブル業界の成長の鍵となるケーブルモデムサービスとデジタルケーブルTV

株式会社データリソース 2005年11月04日

米国の調査会社インスタット社では、2009年末までに世界のデジタルケーブルTVの加入者数が1億800万を超えると予測している。

多くの先進国でアナログ式ケーブルTVの加入者数は横ばい、あるいは減少しており、今後のケーブルTV業界ではますますケーブルモデムサービスとデジタルビデオサービスの比重が高まるだろうと、インスタット社は報告している。現在、世界のケーブルTV世帯数はは4400万で、世界のデジタルケーブルTVの加入者数は2009年末までに1億800万を超えると予測されている。また2005年末に世界のケーブルモデムの加入者は5000万に達し、2009年までに9900万に増加するとインスタット社はコメントしている。

「ケーブル業界は、ケーブルオペレータのトリプルプレイサービスの中核として、ケーブルモデムとデジタルケーブルビデオの加入者の成長パターンに注目している」とインスタット社のアナリストであるMike Paxton氏は言う。「これらのサービスの成長見通しは世界の大半の地域でしばらくの間順調だろうが、ビデオ及び高速データのバンドリングサービスへの移行はケーブル業界にとって大きな課題である。」

インスタット社の調査結果を以下にあげる。

- 現在、世界でケーブルTVに加入している世帯数は3億4700万である。中国、インド、米国の3カ国は世界のケーブルTV世帯数の6割を占める。

- 今後数年間、米国のケーブルTVに加入している世帯数の伸びは緩やかになる。米国のケーブルTVに加入している世帯数は、2005年末の6900万から2009年の7200万に増加する。だがケーブルTV加入者は中国とアジア太平洋地域で著しく増加すると予測されている。

- 北米は全世界のケーブルモデム加入者の55%を占める。次に加入者が多いのはアジア太平洋地域で、世界の24%を占める。

- ケーブルTVオペレータはケーブルモデムサービスによって多額の収益を得る。世界の2004年の収益は190億ドルで、2005年に220億ドルに達する。

インスタット社の調査レポート、「ケーブルビデオと高速データ加入者の世界市場概観 - Global Roll Up: Cable Video & High-Speed Data Subscribers」は、ケーブルモデムおよびデジタルケーブルTVビデオサービスの市場について記載している。世界のケーブルモデムサービス分野の技術規格と市場のダイナミクスについて論じている。ケーブルモデムサービスの地域・国別の加入者データ、2009年までの加入者増加の予測を提供している。またデジタルサービスに焦点を当て、地域および国別の加入者データでケーブルTV業界の成長をたどっている。2009年までのケーブルTV及びデジタルケーブルの加入者の地域別予測を提供している。

◆調査レポート
ケーブルビデオと高速データ加入者の世界市場概観
Global Roll Up: Cable Video & High-Speed Data Subscribers
(リンク »)

◆インスタットについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR