多くの消費者が無線通信のバンドルを望むが、キャリアは躊躇

株式会社データリソース 2005年11月21日

インスタット社のユーザ調査により、現在のバンドルサービス加入者のうち31.6%が無線通信サービスを望んでいるが、実際にバンドルサービスで無線サービスを受けているのは18%のみであることが明らかになった。

消費者が望んでいるにもかかわらず、通信キャリアはバンドルサービスでの無線通信の提供を明らかに避けているとインスタット社は報告する。インスタット社が行ったユーザ調査の結果、現在のバンドルサービス加入者のうち31.6%が無線通信サービスを望んでいるが、実際にバンドルサービスで無線サービスを受けているのは18%だけであったとインスタット社では報告している。

「無線と固定サービスとの加入者獲得や収益における争いは、規制下にある既存の電話会社と規制されていない無線企業の間に緊張感をもたらしている。その結果、通信会社はまもなくはじまる無線サービスとのバンドルサービスにおけるビジネスチャンスをケーブル企業に奪われるかもしれない」とインスタット社のアナリストDavid Chamberlain氏は語る。

インスタット社による調査レポートは以下についても述べている。

- 無線通信はすでに長距離や市内通話の利用時間を侵食している。回答者は、長距離で60%、市内通話で46.9%の利用時間の減少を示している。

- 固定電話の市内と長距離通話の半分が携帯電話に取って替わっているにもかかわらず、81%の消費者が固定サービスを維持したいと回答している。

- 消費者はまだ分かりやすいサービスバンドルを好んでおり、複雑な無線/固定サービスの組み合わせを避けている。

インスタット社の調査レポート「コンシューマ向け無線通信バンドル:統合サービス以外の値下げ - Wireless in the Consumer Telecom Bundle: Discounts without Convergence」は、キャリアに対する消費者行動、現在のバンドルサービスへの支出、バンドルサービスへの要望について調査している。また、無線加入者による長距離、市内通話の侵食もカバーしている。


◆調査レポート
コンシューマ向け無線通信バンドル:統合サービス以外の値下げ
Wireless in the Consumer Telecom Bundle: Discounts without Convergence
(リンク »)

◆インスタットについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?