米国のカーオーディオヘッドユニット市場は新技術で持ち直した

株式会社データリソース 2005年12月07日

米国の調査会社ベンチャーデベロップメント社(VDC)では、米国のヘッドユニットアフターマーケットは、衛星デジタルラジオ、DVDオーディオ、デジタルメディア統合型の再生装置の需要によって短期的に持ち直しているものの、全体的には急速に下降しており、2007年以降も下降し続けると予測している。

米国のヘッドユニットアフターマーケットは、衛星デジタルラジオ、DVDオーディオ、デジタルメディア統合型の再生装置の需要によって短期的に持ち直しているものの、全体的には急速に下降しており、2007年以降も下降し続けるだろうと米国の調査会社VDC社は報告している。

アフターマーケットヘッドユニット市場衰退の3つの主要な要因は、

- CDプレーヤ搭載の受信機が、工場レベルでインストールされるようになってきていること
- 中国での生産が増加し、競争が高まって価格の下落が進んだこと

- OEMによって、車両への搭載に関する物理的、電子的な課題が発生していること

アフターマーケットヘッドユニットを採用する車両は、3、4年前に生産された、CDプレーヤを工場で搭載していないもので、そのような車両の数は減少している。1998年には、工場でCDプレーヤを搭載した車両は約57%で、つまりCDプレーヤなしで市場にでる車両数は約700万台だった。その後、工場でCDプレーヤを搭載する車両は増え続け、ほぼ93%の普及率となっている。今、工場でCDプレーヤを搭載しないで市場にでてくる新車の総数は約120万で、2007年までに100万以下にまで減少するだろう。


◆調査レポート
12Vの電化製品 - OEMとアフターマーケットの需要分析 第10版
12V Electronics
An OEM and Aftermarket Demand Analysis, 10th Edition
(リンク »)

◆インスタットについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?