韓国のRFID市場

株式会社データリソース 2006年04月25日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されました。

2005年、韓国政府は多くのRFID試験サービスを開始し、韓国のRFID市場は堅調に成長している。現行の74サービスを分析すると、最も需要が高いのはロジスティックスと資産管理向けのトラッキングアプリケーションである。今後も成長は継続し、市場参入する韓国と海外のベンダ数は増加するだろう。2006年、グローバル市場に進出するため、韓国ベンダは利益の上がるUHFセグメントに積極的に取り組み、主要なRFIDのグローバル企業との競争力を高めるための規格の確立と特許プールの整備を始めた。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「韓国のRFID市場:試験段階のその後 - タグ、リーダー、統合サービスの新たな成長」は、韓国のRFID市場の成長にとって大きな意味を持つ、規格、プロセスの変化、プライバシー問題などの課題を特定している。また2012年までのタグ、リーダー、ミドルウェア、統合サービスの出荷と収益を予測している。


◆調査レポート
韓国のRFID市場:試験段階のその後 - タグ、リーダー、統合サービスの新たな成長
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?