スターリングコマース、日立ハイテクノロジーズと協業

~日立ハイテクノロジーズは日本におけるSterling Integratorの販売を開始。EAIソリューションとして自社システムにも採用~

スターリングコマース株式会社 2005年06月14日

スターリングコマースは、同社のソフトウェア「Sterling Integrator」の販売代理店契約を日立ハイテクノロジーズと締結。日立ハイテクノロジーズは、日本市場において同製品を中核ソリューションとして、ハイテク産業、製造業に対するSOA、BPM、EAIおよびB2B連携ソリューションとして、販売および導入サービスを提供していく。

マルチエンタープライズ・コラボレーション・ソリューションを提供する世界的プロバイダーであるスターリングコマース株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 小池リチャード)は、ハイテク産業向けソリューションの世界的プロバイダーである株式会社日立ハイテクノロジーズ(本社:東京都港区 代表取締役社長 林 將章)がスターリングコマースの「Sterling Integrator」の販売代理店契約を締結したことを発表しました。日立ハイテクノロジーズは、日本市場において同製品を中核ソリューションとして販売およびインプリメンテーションサービスを提供していきます。

Sterling Integratorは、スターリングコマースのマルチ・エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ(MESA)に基づくコンポーネント型のソリューションであり、Any-to-Anyのインテグレーション・ブローカ・サービス、複数の大容量ファイル対応、意思決定を支援する詳細分析情報やコンテンツベースのルーティング機能を含む強力なビジネスプロセス管理機能を組み合わせることにより、インテリジェントかつタイムリーなビジネス情報の活用を実現します。

日立ハイテクノロジーズは、自社システム向けにSterling Integratorを導入し、今年の秋までにグローバルでの連結経営のためのシステム基盤を構築します。日立ハイテクノロジーズは、自社システムにSterling Integratorを採用しているユーザとしての経験を活かしながら、ハイテク産業、製造業に対するSOA、BPM、EAIおよびB2B連携ソリューションとして、販売活動を展開していきます。

日立ハイテクノロジーズの情報システム推進部長吉田好明氏は、自社システムへの導入について次のように語っています。 「短期間でSterling Integratorの導入を完了できたことを大変うれしく思います。スターリングコマースは、企業内外のマルチエンタープライズ・コラボレーション分野における多くの導入実績をもち、大変信頼できる企業です。Sterling IntegratorはSOAベースのソリューションなのでスモールスタート(小規模プロジェクトからのスタート)に適しており、かつ将来的な拡張にも柔軟に対応できる長期にわたり活用できるソリューションです。今後、同製品の活用範囲を拡張していく予定です。」 

「日立ハイテクノロジーズは、アプリケーション統合のSterling Integratorを、MES(Manufacturing Execution System)と連携するアプリケーションとのインテグレーションの中核ソリューションとして位置づけています。ユーザ企業としての経験を活かしたソリューションの提案ができるでしょう。また、日立ハイテクノロジーズは製造業界向けソリューションの大手プロバイダーですので、製造業界へのソリューション展開で協業できることに大変期待しています。」と、スターリングコマースの代表取締役社長 小池リチャードは語っています。

日立ハイテクノロジーズの情報システム営業本部ビジネスソリューション部長 鈴木 康弘氏は、次のように語っています。 「当社のお客様において、当社が提供しているソリューションの需要が高まりつつあります。たとえば、多くの企業で、製品のライフサイクル全体を管理するグリーン調達ソリューションがあげられます。購買や調達から生産管理、工程管理、品質管理にいたるまで、企業内からサプライヤ間におけるさまざまなビジネスプロセスを連携するソリューションや、取引先とのセキュアな情報共有化や同期化等のソリューションが必要とされているのです。当社はスターリングコマースとの協業により、これらのソリューションを拡張していきます。」

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR