ノベル、パートナ企業の営業担当者を対象とした認定制度を開始

お客様企業の課題に柔軟に対応するためのプログラムを提供し、 パートナ企業のビジネス拡大を支援

ノベル株式会社 2005年11月01日

ノベル株式会社(本社:東京都品川区西五反田3-6-21、代表取締役社長:吉田 仁志、以下ノベル)は、パートナ企業の営業担当者を対象とした認定制度である、ノベル認定セールス(以下CNS:Certified Novell(R) Salesperson)を開始したと発表しました。CNSは、ノベルのソリューションを販売する上で基本となる製品知識とセールスアプローチ方法にフォーカスし、技術ノウハウだけでなく企業が抱える業務上の課題を解決するための手法を修得できることが大きな特長です。ノベルでは既に、技術者を対象として、同社のソリューションを展開していくための技術と知識の取得を目的とした技術認定制度を展開しており、今回新たにCNSを開始したことで、パートナ企業のビジネスをさらに強力に支援していきます。

CNSは、ノベル米国本社が基準を定めた世界共通の認定制度です。認定者は、ノベル製品に精通した熟練セールスとして認定されるとともに、ノベルの最新情報や営業を支援するサービスが提供されます。お客様企業がIT投資を有効に活用するためのクロスプラットフォーム・ソリューションを提供することを狙いに、ネットワーキングサービス、リソース管理、コラボレーション、セキュア・アイデンティティ・マネジメントからLinuxまで、ノベル製品とソリューションを幅広く対象範囲としています。

ノベルではさらに、CNSの対象範囲の中でも特にLinuxの販売にフォーカスし、ノベル認定Linuxセールス(以下CLS:Novell Certified Linux Salesperson)制度も開始しました。CLSは、ノベルのLinux技術をソリューションの一部として提供できることを狙いとしています。CLS認定者は、Novell SUSE(TM) Linux Enterprise Server 9やNovell Linux DesktopをはじめとするノベルのLinux製品に関する詳細情報を学習し、サーバ/デスクトップにおけるノベル製品のメリットを訴求できるようになります。また、Linuxやオープンソース技術を企業内で活用するための提案ノウハウも修得できます。

CNSとCLSに関する詳細情報は、 (リンク »)  にてご覧いただけます。資格取得はNovell PartnerNet(パートナプログラム)へのご加入後、パートナポータルWebにアクセス頂く必要があります。Novell PartnerNetの詳細情報は、 (リンク »)  にてご覧いただけます。

◇ノベルについて
Novell, Inc. (米国本社) は、43カ国、50,000社以上のお客様企業に対し、オープンエンタープライズ向けソフトウェアを提供する先進企業です。オープンスタンダードに基づくソフトウェアを最適な組み合わせで適用し、お客様企業の技術環境における管理、簡素化、セキュリティ、システム統合を支援します。世界中の6,000人の社員と5,000のパートナ、サポートセンターによって、お客様企業がコストを削減しながら自社のIT環境をより最適に運営するためのサポートを行っています。ノベル株式会社は、Novell, Inc.の日本法人です。詳細はこちらのサイトをご覧ください。(Novell, Inc. www.novell.com/ ノベル株式会社 www.novell.co.jp)

*Novellは米国およびその他の国においてNovell, Inc.の登録商標です。*SUSEは米国Novell, Inc.の一部門であるSUSE Linux Products GmbHの登録商標です。*LinuxはLinus Torvals氏の登録商標です。*その他の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!