スターリングコマース、住商情報システム株式会社と金融向けSWIFTNet連携ソリューションで業務提携

SWIFTNetFileAct対応ソリューションの拡販を目指す

スターリングコマース株式会社 2005年11月28日

マルチエンタープライズ・コラボレーション・ソリューションを提供する世界的プロバイダーであるスターリングコマース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 小池リチャード、以下スターリングコマース)は、住商情報システム株式会社(東京本社:東京都中央区、代表取締役社長 阿部 康行、以下 住商情報システム)と金融業界へ向けたSWIFT接続ソリューション販売に関する業務提携を発表しました。

この業務提携により、両社はスターリングコマースのSWIFT(注1)接続ソフトウェアである「Connect:Direct for SWIFTNet」(注2)を活用したSWIFTNetFileAct対応ソリューションの拡販に向けた協業を図ります。SWIFTNet FileActは、SWIFTNet(注3)上でリアルタイムにセキュリティの高いファイル転送を行うサービスです。既に一部の国内大手金融機関においては、両社による同ソリューションのシステム構築が年内稼動へ向けて進められております。

SWIFTを利用する金融機関においては、従来からSWIFTが提供するFINサービスに加えて、InterAct、FileAct、Browse等(注3)の各種の新サービスの利用、検討が進められております。FileActは、欧米の金融機関においては、少額で大量の資金決済、証券取引や中央銀行等に対する定期的なレポート、ソフトウエアの配信、データベースの復旧等に活用されている事例が多数紹介されております。日本におけるFileActの活用については、大手金融機関を中心に来年以降の本格的な利用開始に向けて検討が具体化しております。

「Connect:Direct for SWIFTNet」は、欧米の金融機関におけるマネージド・ファイル転送ソフトウェアとしてデファクト製品の一つとなっている「Connect:Direct」をベースに開発された製品です。長年金融業界で培われた実績と信頼性を備え、FileActの活用とともに安全・確実なファイル転送を実現します。また、同製品は社内バックエンドシステムとのシームレスなデータ連携が可能で、お客様のSWIFTNetFileAct運用において転送前後の処理を自動化するなど高い利便性を提供します。


スターリングコマースの代表取締役社長 小池リチャードは、「スターリングコマースと、SWIFTビジネス・パートナーである住商情報システム株式会社がこの分野で協業することにより、日本におけるSWIFTNet FileActサービスの導入とその有効活用が促進され、ひいては導入金融機関のサービスの向上の一助となることを期待しています。」と述べています。

住商情報システム株式会社の銀行システム営業第一部長 今井善則氏は「SWIFTNet FileActは、SWIFTNetサービスの中でも今後最も広く利用されると考えられるサービスですが、大手金融機関が利用するためにはセキュア・ファイル転送と自動化は不可欠です。スターリングコマース社の「Connect:Direct for SWIFTNet」は、操作性・セキュリティ・実装形態の観点から最適の製品であり、グローバルで多くの金融機関が使用しています。日本においても多くのお客様にご満足いただける利便性を提供できるでしょう。」と語っています。
以上

スターリングコマースおよびConnect : DirectはSterling Commerce, Inc.の(登録)商標です。
その他、記載の製品名・会社名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。


【注釈】

注1) SWIFT
S.W.I.F.T.(The Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)は、1973年に欧米15カ国239の銀行により設立された非営利法人。参加金融機関間の金融取引にかかわるデータ交換・通信システム基盤・ネットワークサービスを提供しています。日本はSWIFT加盟国として2005年10月現在で約270の金融機関が利用しています。


注2) Connect:Direct for SWIFTNet
大容量のビジネスクリティカルなデータを安全かつ正確に相互転送できる高信頼性のファイル転送ソリューションです。SWIFTNetに対応した高パフォーマンスのデータ交換により一括決済、連結諸表、画像、その他各種ファイルの転送を自動化し管理することができます。


注3) SWIFTNet
SWIFTNetとはSWIFTが提供するネットワークとサービスを含めた総称。SWIFTNetFileActは提供されるサービスの一つであり、サービスとして以下があります。
- FileActサービス:大容量ファイル添付に使用される機能で、どんなファイルタイプでも転送可能。国際間、金融機関の本支店間、SWIFTNet上のユーザグループ間で利用が可能です。
- FIN(Financial Application)サービス:SWIFTの中核をなす金融メッセージサービスで、国際標準の定型通信フォーマットによりメッセージの送受信が可能です。
- InterActサービス:即時のメッセージングやインタラクティブなメッセージングが可能な通信サービスです。
- Browseサービス:上記FileActやInterActを補完するもので、各サービスを利用した各種サービスをブラウザ環境で利用することが可能です。


住商情報システム株式会社について  URL:   (リンク »)
住商情報システムは、情報システム/ネットワークシステムの分野において、お客様のあらゆるニーズに創造的、総合的にお応えし、<お客様の満足度の最大化=お客様のビジネス・バリューの最大化>を追求しています。住商情報システムはSWIFT社の認定「ビジネスパートナー」です。


スターリングコマース株式会社について  URL:  (リンク »)
スターリングコマース株式会社(本社:東京都港区)は、米国スターリングコマース社の日本法人であり、日本国内におけるビジネスインテグレーションソリューションおよびサービスを提供しています。


スターリングコマース社について   URL:   (リンク »)
スターリングコマース社(Sterling Commerce, Inc. 本社:米国オハイオ州)は、2005年に創立30周年を迎え、企業の枠を超えて、取引先、サプライヤ、顧客、従業員のプロセスを拡張させ、ビジネスの可視化を実現する分野において活動をつづけてまいりました。AT&T社の100%子会社であり、マルチ・エンタープライズ・コラボレーション・ソリューションの世界最大手プロバイダーです。流通、消費財、製造、金融、ヘルスケア、通信などさまざまな業種の29,000を超える世界中のお客様の、コラボレーティブなマルチ・エンタープライズ・コミュニティの構築を支援しています。

AT&T社について   URL:   www.TheNewATT.com/
AT&T社(AT&T Inc.)は世界最大の通信事業会社であり、米国国内において最大規模の企業です。AT&Tブランドのもと、グローバルな事業展開をするAT&Tグループは、企業向けIP通信サービスで世界的な企業であり、さらに高速DSLインターネット、市内および長距離通話、電話帳出版および広告サービスにおいても米国最大の事業社です。AT&T Inc.は、米国No.1の携帯通信事業社として5,200万以上の顧客をもつシンギュラー・ワイヤレス社(Cingular Wireless)の株式を60%保有しています。

■本件に関するお問合せ先:
スターリングコマース株式会社 マーケティング&アライアンス部 湯本/栗田
TEL:03-5408-8500 / FAX:03-5408-8510

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!