インデックス・ソリューションズとIMAGICA、戦略的資本提携で合意

~映像関連ソリューションの共同開発ならびに展開で業務提携~

株式会社テック・インデックス 2006年03月29日

2006年3月29日― 株式会社インデックス・ソリューションズ(代表取締役社長 丸山耕市、東京都新宿区、以下 INSOL) は映像サービスの最大手である株式会社IMAGICA(代表取締役社長 長瀬文男、東京都品川区、以下IMAGICA)との間で戦略的業務提携を目的とした資本提携を行うことに合意いたしました。

1.提携の趣旨
近年、インターネット環境の急速な普及により、デジタルコンテンツ市場の拡大とニーズの多様化が進んでいます。
特に、映像分野においては、映像系オンラインゲーム、インターネットを使った映像配信をはじめ、モバイル、PCの分野などでデジタルコンテンツの普及が加速しております。これに伴いシステム規模の拡大と共に、新たなデジタルコンテンツサービス/ソリューションが求められており、対応が急務となっております。
INSOLとIMAGICAは今後需要が拡大する、映像コンテンツの製作・運用・管理に関するワンストップソリューションの開発、ならびにサービスの提供を共同で取り組むことで基本合意いたしました。


2.業務提携の内容
INSOLはこれまでに、データセンター事業(以下、iDC事業)を中核として映像配信(ストリーミング)事業、モバイル・PCサイト開発のSI事業を展開、親会社の株式会社インデックス(代表取締役社長 小川 善美、東京都世田谷区、以下インデックス)が運営する大規模なモバイルサイト用サーバを始め、千台以上に及ぶサーバ群の構築・運用実績を持っております。
IMAGICAは映像技術サービス事業としてポストプロダクション事業を主とし、デジタル映像コンテンツ・WEBコンテンツなど様々なデジタルコンテンツの配信運用などをおこなっております。
両社の特性を生かし、INSOLとIMAGICAは今後、映像コンテンツのデジタルファイル化及びデータベースによる管理と、ネットワークを通じた電子送稿までを一貫して行うためのソリューションを始めとして、様々な映像関連ソリューションを共同で開発し、展開していくことになります。今後の展開にご期待ください。

3.資本提携の内容
INSOLの筆頭株主である、親会社のインデックスからIMAGICAへ、平成18年3月28日付けで普通株式が譲渡されました。
この結果、IMAGICAの所有する株式数は、INSOL発行済株式数のうち5.12%となります。

このプレスリリースの付帯情報

Solution Map

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社テック・インデックスの関連情報

株式会社テック・インデックス

株式会社テック・インデックスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR