インデックス子会社、各種機能と回線を一括提供する回線共有サービス--月5万円から

ニューズフロント 2007年04月26日 18時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インデックス・ホールディングス(インデックスHD)の子会社であるテック・インデックスは4月26日、回線共有サービス「マネージド回線共有サービス」の提供を開始した。税別価格は、初期費用が10万円、月額費用が5万円から。

 このサービスは、一般的な回線共有サービスと異なり、ファイアウォールや負荷分散、侵入防御システム(IPS)といった機能も一括で提供するため、これらを個別契約する必要がない。インデックスHDでは「インターネット回線共有サービスとネットワーク機能をワンストップで提供できる新しいタイプのサービス」としている。

 テック・インデックスは、ハウジングサービスの新メニューとして、マネージド回線共有サービスを提供する。負荷分散機能やファイアウォールの個別ポリシーは、オプションで対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから