日立ソフトが「秘文2004」の新製品「秘文 AE WebGuard」販売開始 -Webコンテンツからのオフィス文書の情報漏洩を防ぎます-

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 2004年06月18日

日立ソフト(正式名称 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社、代表執行役 執行役社長 小川健夫、本社:東京都品川区)は、2004年7月に、イントラネット上のコンテンツから、HTML、MS Office文書、Acrobat文書および画像情報などの情報漏洩防止を行う機能を持った情報漏洩防止ソフトフェア「秘文 AE WebGuard」の販売を開始します。 

今般社会問題化している企業からの顧客情報漏洩問題に対して、情報漏洩防止ソフトウェア「秘文 Advanced Edition」にWebコンテンツからの情報漏洩を防止する製品をシリーズに追加いたしました。
「秘文 Advanced Edition」は、金融・公共機関を中心に25万ライセンスの出荷(2004年3月末現在)を誇る、情報漏洩防止ソフトウェアのベストセラーシリーズです。「秘文 Advanced Edition」は、情報漏洩防止対策として、「持ち出しても漏洩しない」「持ち出せない」「アクセス制御で守る」をコンセプトとして、「暗号化」、「持ち出し制御」、「アクセス制御」の機能により、主にクライアントPCからのファイルによる情報漏洩防止機能を提供して参りました。 6月16日には、「秘文2004コンセプト」を発表、2005年4月の個人情報保護法の完全施行に向けて、ISMS認証基準(*)に対応した製品を順次発売してまいります。
今回発売される 「秘文 AE WebGuard」をシリーズに追加することで、イントラネット上のWebコンテンツからの情報漏洩防止も可能となります。 「秘文 AE WebGuard」は、「秘文 Advanced Edition」をお使いいただいているお客様を中心に初年度10万ライセンスの販売を予定しております。
1. 秘文 AE WebGuardの特長
(1) 利用者ごと、Webページごとにアクセス権の設定ができます。アクセス権は、表示権有無、印刷権有無、コピー権有無などに分かれており、制限対象コンテンツに応じてきめ細かく設定することができます。
(2) 既存のWebサーバを改造することなく、本ソフトをアドオンするだけで、簡単に情報の漏洩を防止できます。
(3) Webブラウザとしては、Microsoft Internet Explorerを利用できます。Webサーバにアクセスするにあたり、特別な操作方法を学習する必要はありません。
詳細な機能、稼動条件につきましては弊社ホームページをご覧ください。

2. 秘文 AE WebGuard 標準価格
 
   製品名   型名           標準価格(税別)
メディアキット   P-A465-009001&M 10,000円
クライアントライセンス P-A465-00W001&LL1 10,000円

3. 販売開始
   2004年7月
4. 関連ホームページ
(リンク »)

<本件に関するお問い合わせ先>
日立ソフト 社長室 高野 
  TEL:03-5780-6450 
  e-mail: press@hitachisoft.jp

用語解説

(*)情報セキュリティ対策基準BS7799をもとに、日本の情報セキュリティの標準として制定したもの

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR