ライフサイエンス情報検索支援サービス『DNASIS(R) GeneIndex』の SI(System Integration)サービスを提供 ~お客様のご要望に応じた環境で高パフォーマンスを実現~

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 2004年08月05日

日立ソフト(代表執行役 執行役社長:小川 健夫 本社:東京都品川区)は、製薬、食品をはじめとするバイオ関連企業等でライフサイエンス情報検索を支援する『DNASIS(R)GeneIndex』のサービス強化のため、従来のASP(Application Service Provider)サービスに加え、お客様の施設内にGeneIndexのシステムをそのまま構築し、お客様のデータベースと統合することができるSI(System Integration)サービスを7月より開始いたしました。今年度は5億円の売り上げを目指します。

『DNASIS(R) GeneIndex』は、2002年8月より、ASPサービスとして、製薬企業、アカデミックの研究機関等でご利用いただいておりますが、「より頑強なセキュリティ環境で利用したい」、「様々な検索要求を満たすために計算機を占有したい」、「自分達で収集した実験データや独自に構築している情報と公共データベースを簡単に統合して利用したい」、というお客様のご要望に対し、2004年7月より、『DNASIS(R)GeneIndex』のSIサービスを開始しております。
具体的には、これまで日立ソフトのデータセンタ内に格納していましたデータベース情報をお客様の施設内に設置したサーバにそのままネットワーク経由で複製します。お客様は社内の閉鎖型ネットワークにおいて検索を行う為、検索時に検索データを外部に出すことはなくなり、これまで以上の高いセキュリティサービスを実現します。そして、研究者の方はASPサービスと同等のユーザインタフェースを持ちながら、日立ソフトデータセンタサイドを意識することなく高いパフォーマンスでの検索を実現いたします。
今まで、データベースを統合する作業には、お客様のご要望をヒアリングし、システム仕様をまとめる作業にどうしても時間がかかり、導入までに数ヶ月がかかることも少なくありませんでした。しかし、ソフトウェア開発キット(DNASIS GeneIndex SDK)を活用することにより、『DNASIS(R) GeneIndex』でサポートしているデータベースと、お客様が独自に集められた情報のデータベースとを短期間(従来の約半分の期間)で容易に統合化することができます。
また、SIサービス開始と合わせて、当社のDNA配列情報解析ソフトウェア『DNASIS(R) Pro』、発現統計解析ソフトウェア『DNASIS(R) Stat』から、『DNASIS(R) GeneIndex』が利用できるようになります。これにより、Webでは困難な、多彩でグラフィカルな表示を実現することができます。

■ 関連ホームページ
(リンク »)

■ SI(System Integration)サービス価格
4,700万円~

< 本件に関するお問合せ先>
日立ソフト  社長室(広報) 高野 
TEL:03-5780-6450  FAX:03-5780-6455 E-mail:press@hitachisoft.jp

用語解説

*日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR