── BSデジタルデータ放送から地上デジタルデータ放送まで ── デジタルデータ放送向けモノメディアデータ制作用グラフィックスツール 「OPTPiX(R) iMageStudio(R) 5 for Digital Broadcast」発売開始

株式会社ウェブテクノロジ 2004年08月25日

株式会社ウェブテクノロジ(本社:東京都豊島区、代表取締役:小高輝真)は、デジタルデータ放送向けグラフィックス・オプティマイザの最新版「OPTPiX iMageStudio 5 for Digital Broadcast」を8月25日より発売開始いたします。 「OPTPiX iMageStudio」シリーズは、グラフィックス・オプティマイザとして、その圧倒的な性能および豊富で有用な機能から、「画像を扱うあらゆる開発現場」において広く認められ、プラットフォームの垣根を越えた標準ツールとなっています。 「OPTPiX iMageStudio 5 for Digital Broadcast」は、Ver.4までのユーザー様から寄せられたご意見・ご要望を元におよそ400項目・800箇所以上におよぶ機能追加と改良をおこない、新バージョンとなって登場いたしました。

■ OPTPiX iMageStudio 5 for Digital Broadcast ■

製品名: OPTPiX iMageStudio 5 for Digital Broadcast
発売日: 2004年 8月25日
希望販売価格: 522,900円(税込、1ライセンス当り)
バージョンアップ価格:
iMageStudio 4 for Digital Broadcastをお持ちのユーザー様
244,650円(税込、1ライセンス当り)

対応OS: 日本語版 Windows XP/2000/NT4.0/Me/98
対応機種: 上記OSが正常に動作するもの
推奨CPU: Intel(R)Pentium(R)II 233MHz以上
ハードディスク: 空き容量30Mバイト以上
搭載メモリ: 64Mバイト以上
グラフィックス: 1024×768ドット以上(フルカラー)を推奨

ホームページ: (リンク »)
Ver.5新機能のご紹介: (リンク »)
評価版のご案内: (リンク »)
ご購入方法: (リンク »)


■ デジタルデータ放送向けの主な専用機能 ■
「OPTPiX iMageStudio for Digital Broadcast」は、BSデジタルデータ放送から地上デジタルデータ放送まで対応したデジタルデータ放送向けモノメディアデータ制作グラフィックス・オプティマイザです。
デジタルデータ放送向けに最適な画像を作成するための様々な機能は、多数のユーザー様から高い評価を得ています。

1.ARIB対応データ作成
ARIB規格では、ダイレクトカラー画像はJPEG、インデックスカラー画像はPNG(静止画)あるいはMNG(動画)、パレットデータはCLUTで保存する必要があります。 また、それぞれに細かな規定が設けられています。
「OPTPiX iMageStudio for Digital Broadcast」は、ARIB規格のJPEG, PNG, MNG, CLUT形式のファイル入出力に対応しており、これら規格に準拠したARIB YCBCR形式JPEG, PNG, MNGアニメーション, ARIB CLUT作成を簡単におこなうことができます。
MNGやPNGでファイルを保存する際、ファイル内にパレットデータを持たせず、別にARIB用CLUTファイルとして出力することも可能です。

2.ARIB対応減色
各方面で高い評価をいただいている"OPTPiX iMageStudioシリーズ"の強力な減色機能は、1,677万色のフルカラー画像を品質を保ったままARIB規格に準拠した224色以下のインデックスカラー画像へと減色することが可能です。
減色の際には、ARIB規格のCLUTを用いるため、減色後の画像をBMLオーサリングツールにダイレクトに渡すことができます。
また、アルファ値付き画像の減色にも対応しており、アルファ値とRGB値の重みの指定や、完全透明色・完全不透明色エリアの保護、パレットをアルファ値に応じての傾斜配分指定、不透明と透明部分の混ざり込み防止などの機能を有しています。

3.MNGアニメーション対応
ARIB規格では、使用できるアニメーションデータは、最大64枚の同一サイズ・同一パレットのインデックスカラー画像から構成されるレイヤ画像とされています。
もちろん"OPTPiX iMageStudio for Digital Broadcast"は、このアニメーションファイルの作成・読み込み・編集・保存・プレビューをサポートしています。
ARIBの運用規定では、フレーム間時間は0.2秒~5.0秒の範囲に制限されていますが、iMageStudioでは範囲外の値を入力した場合、エラー表示させることが可能です。

4.JPEG画像ARIBチェック
指定したフォルダ以下のJPEG画像がARIB YCBCR形式で保存されたものであるかどうかを判定し、その判定結果を一覧表示することができます。
結果をクリップボードへ出力することも可能ですので、判定結果を元にして効率良くARIB規格に準拠したJPEG画像を作成することができます。
また、ARIB YCBCR形式で保存した画像をiMageStudioへ読み込んだとき、画像ウィンドウのタイトルバーに [ARIB] という文字を表示させる機能も装備していますので、一般的な形式のJPEG画像を編集中であっても、ARIB YCBCR形式JPEG画像との区別が iMageStudio 上で簡単におこなえます。


主な専用機能のご紹介: (リンク »)
Ver.5新機能のご紹介: (リンク »)



■ 関するお問い合わせ先 ■
株式会社ウェブテクノロジ
171-0021 東京都豊島区西池袋3-30-3西池本田ビル
tel:03-5954-9751(代) / fax:03-5954-9755
弊社ホームページ: (リンク »)
製品ホームページ: (リンク »)
ご購入方法: (リンク »)
お問い合わせ: (リンク »)


製品に関する画像は以下のURLからダウンロードできます。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ウェブテクノロジの関連情報

株式会社ウェブテクノロジ

株式会社ウェブテクノロジの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR