ノベル、カーネル2.6対応のエンタープライズ向け新Linux OS 「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」を発表

ノベル株式会社 2004年08月05日

拡張性、管理性を飛躍的に向上し、ワークグループから 基幹系業務システムまで対応する本格的エンタープライズLinux OS

ノベル株式会社(本社:東京都品川区西五反田3-6-21、代表取締役社長:吉田仁志、以下ノベル)は、企業のワークグループから基幹系業務まで対応するLinuxサーバOSの最新版「Novell(R) SUSE(R) LINUX Enterprise Server 9」(以下、SLES9)を8月5日より提供開始すると発表しました。SLES9はLinuxカーネル2.6に対応した初めてのエンタープライズ向けLinux OSで、ファイル、プリント、Webなどの基本ネットワークサービスから、大規模なデータベースやERPなどの基幹業務システムに対応する卓越したパフォーマンスとスケーラビリティ、高い信頼性と可用性により、企業が求めるセキュアで信頼できるビジネスのためのオープンプラットフォームを提供します。

Novell(R) SUSE(R) LINUX Enterprise Server(SLES)は、独自のAutoBuildシステムによって単一のコードベースでPCサーバからメインフレームまで7つのプラットフォームに対応し、異種プラットフォーム間での高い互換性を備えているエンタープライズLinux OSです。統合管理ツールYaSTを搭載し、多様なオープンソースソフトウェアのインストール/アップデート/管理を、統一された操作で実行する優れた管理性を備えています。

SLES9の主な新機能および強化機能は以下の通りです。

- 企業内ワークグループから基幹系/データセンタまで幅広く対応する高い拡張性と
パフォーマンス
SLES9は、カーネル2.6を採用することで、高度なメモリ管理、無制限のプロセッササポート、Native Posix Thread Library (NPTL)、I/O機能などを実現し、エンタープライズLinux OSとしての高いパフォーマンスとスケーラビリティを発揮します。IBMとの共同開発による独自のクラス単位カーネルリソース管理であるCKRM(Class-based Kernel Resource Management)は、Linuxサーバに対してリソースをダイナミックに割り当てることができ、一つのプロセスでCPU等のシステムリソースを占有しないよう制御することが可能です。さらに、インテルハイパースレッディングテクノロジとNUMA (non-uniform memory management)をサポートし、大規模導入におけるより高度な拡張性を実現します。また、OSDL(Open Source Developer Lab)による通信業界の標準規格であるCGL(Carrier Grade Linux)2.0への対応や、データセンタの業界標準規格DCL(Data Center Linux)への準拠も進めています。セキュリティについては、SLES8はISO標準のCommon Criteriaで定義される国際的セキュリティ基準、EAL(Evaluation Assurance Level)3+ を取得した最初のLinuxプラットフォームであり、今回のSLES9では、EALの最高ランクであるEAL 4+の取得を進めています。SELS9は、他の商用OSと同等以上のセキュリティをLinux環境で実現します。

- ミッションクリティカルなシステムやダウンタイムに対応する高い可用性と耐障害性
SLES9では、新たに標準搭載された2ノードハイアベイラビリティ・クラスタをYaSTによって簡単に構築できるほか、Enterprise Volume Management System (EVMS)によって、クラスタ環境でストレージリソースを共有するサーバの設定やメンテナンスが簡易化されました。これらの機能によりSLES9のミッションクリティカルな環境への導入は容易になり、導入後のハードウェア拡張の際にもHotPlug機能を活用し、サーバ稼動中のハードディスクやプロセッサ、その他周辺機器の交換が可能になりました。

- Linuxソフトウェアおよびサーバの導入/運用管理コストを総合的に削減
統合管理ツールYaSTは、今回CIM(Common Information Model)に対応しました。CIMは、エンタープライズ向けシステム管理ソリューションにおける標準インタフェースで、大規模なIT環境のサポートを容易にするとともに、サードパーティの管理ツールとの連携を可能にします。また、各種Linuxディストリビューションのセキュリティアップデートとワークステーションおよびサーバ上のソフトウェアの自動集中管理を実現するNovell ZENworks(R) Linux Managementを利用することで、ネットワーク内でSLES9と混在している多数のLinuxディストリビューションを容易に導入、設定、管理しながらセキュリティを高めることが可能です。

- 充実したサードパーティ・アプリケーションおよびLinuxアプリケーション関連ツールのサポート
SLES9では、Samba 3によるファイル・プリントサービスをサポートし、多数の電子メールサービスおよびデータベース、Apache Web Server、Java、Tomcat、JBossなどのミドルウェアサービスや、さらに幅広いネットワークサービス提供しています。また、SLES9 SDK(ソフトウェア開発キット)では、Eclipse、Kdevelop、Mono、Perl、Java、Pythonなどの開発ツールやランタイム環境を提供し、Linux互換のアプリケーション開発が容易になります。さらにUser Mode Linuxの対応により、SLES9上で仮想Linux OSを複数稼動させることが可能です。

ノベルは、オープンソース技術を通じて企業が情報資産から新たな価値を得られるエンタープライズLinuxソリューションを掲げています。SLES9はそのパフォーマンスと拡張性、管理性、信頼性においてこれを大きく推進し、Linuxをビジネスの環境に展開していきます。

◆ 提供時期:
2004年8月5日発売開始

◆ 価格:
オープン価格

◆ 販売方法:
ライセンス販売*
*ライセンス販売について
ノベル大規模ライセンス販売プログラム(NLP)に基づくライセンス販売。NLPは3つのライセンスプログラム:VLA /CLA/MLA として提供されています。NLPの詳細については、以下のホームページをご覧ください。
NLP (Novell Licensing Program)-大規模ライセンス販売プログラム: (リンク »)

◆ 動作環境
プラットフォーム
-x86 Intel/AMD
-AMD 64
-Intel EM64T
-Intel Itanium Processorファミリ
-IBM pSeries
-IBM iSeries
-IBM zSeries
-IBM S/390

最小ハードウェア要件
メモリ 256 MB以上
HDD 500MB(ソフトウェア) 500MB(ユーザデータ)

推奨ハードウェア要件
メモリ 512MBから3GB以上、CPU単位で最小256MB以上
HDD 4GB以上

◆ 本発表へのパートナ各社からのエンドースメント
添付別紙にて記載しております。


◇ ノベルについて
ノベルは、あらゆるビジネスネットワークが安全でシームレスに連携することを目指し、Novell Nsure(TM)(セキュア・アイデンティティ・マネジメント:アイデンティティに基づくセキュリティ管理)、Novell exteNd(TM)(Webアプリケーション開発/Webサービス)、Novell Nterprise(TM)(クロスプラットフォーム・ネットワークサービス)、そしてNovell Ngage(SM)(コンサルティングサービス)の4つのネットビジネスソューションを展開しています。また、オープンソース・コミュニティを積極的に支援し、Ximian(R)とSUSEによるサーバからデスクトップまでの包括的な企業向けLinuxソリューションとサービスを提供しています。ノベルは情報障壁のない世界の実現を事業ビジョンとして掲げており、顧客企業が高いセキュリティと経済性の下に、自社の情報を新たな価値に変換していくための支援をしています。


*Novell、ZENWorksは米国Novell, Inc.の登録商標です。
*Nsure、exteNd、Nterpriseは米国Novell, Inc.の商標です。
*Ngageは米国Novell, Inc.のサービスマークです。
*SUSEはSUSE LINUX AG.の登録商標です。
*その他の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR