アイログが IBM WebSphere に高度なビジネス・ルール管理機能を追加

アイログ株式会社 2004年11月10日

ILOG JRules と IBM WebSphere MQ Workflow の結合で敏捷性の高い BPM を実現

マウンテン・ビュー (カリフォルニア州) 、東京発-ソフトウェア・コンポーネントのリーディング・プロバイダであるアイログ社(NASDAQ:ILOG; Euronext:ILO,ISIN:FR0004042364)は本日、アイログのBRMS*(ビジネス・ルール管理システム)であるILOG JRules™が、IBM WebSphere® Business Integrationワークフロー・ソフトウェアと統合できる新しいコネクタを発表しました。これにより、WebSphere Business Integrationを基盤に構築されたBPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)ソリューションにビジネス・ルール管理機能が追加されます。同コネクタを使用すると、ITの専門知識の少ない業務担当者でも、BPMアプリケーション上でポリシーの変更を行うことができ、顧客の要求や各種の規制、また競合他社の脅威などに迅速に対応できるようになります。米国のフォレスター社やガートナー社などの調査会社の業界アナリストは、高度なビジネス・ルール管理が、意思決定の自動化、敏捷性の向上、および IT メンテナンス費用の低減を実現することで、BPM ソリューションが強化できると確信しています。ILOG JRulesは、Websphere Business Integrationユーザのためにこの機能をサポートします。
*BRMS(Business Rule Management Systems ビジネス・ルール管理システム):ルール設定・変更・操作、管理を包括的に提供することにより、企業の業務プロセスを効率化するシステム

今回発表した新コネクタにより、IBM Websphere MQ WorkflowなどのWebSphere Business Integrationと、ILOG JRulesとのシームレスな統合が可能となり、ユーザはビジネス・ルールをワークフロー・タスクに簡単にリンクさせて、ワークフローのWebSphere MQ Workflow Buildtimeツールに組み込むことができるようになります。Websphere MQ Workflowは、Websphere Business Integrationに人的トランザクション・ベースの高度なユーザ定義ワークフローを組み込み、BPMおよびビジネス・パフォーマンス管理イニシアチブをサポートするソフトウェア・ソリューションです。ILOGコネクタのターゲットは、WebSphere MQ Workflowを現在使用しているか、今後採用する予定があり、敏捷性および柔軟性を高めるためにBRMS 機能を必要としている保険会社、金融機関、行政機関などです。統合されたソリューションにより、企業の業務担当者が簡単かつ動的に管理可能な、高度に自動化されたビジネス・プロセスを実装できるようになります。

BRMSをBPMソリューションと組み合わせることで、サービス指向アーキテクチャ(SOA)の場合と同様にサブプロセスまたはサービスによって定義されるポリシーを、アプリケーション内で個別に管理または変更できます。これにより、ポリシーの変更が必要になるたびに新しいバージョンのソフトウェアを作成しなくても、業務担当者がビジネス環境の変化を、ソリューションに適応させることができます。

アイログは常にその製品の変革を続け、ILOG JRulesを、業界をリードするビジネス・ルール・ソフトウェアとして確立しました。アイログは米ガートナー社によるビジネス・ルール・エンジン分野のマジック・クアドラントで、2 年連続してリーダー・クアドラントに位置付けられました。アイログのBRMSであるILOG JRulesは、多くの戦略的ビジネス・アプリケーションに競合優位性をもたらしています。またILOG JRulesが提供するコンプライアンス・ソリューションは、膨大な量のデータをリアルタイムに監視し、誤りや不正な情報を即座に検出してレポートすることを可能にします。ILOG JRulesは、CitiStreet、VSP、eBay、Zurich、MetLife、Sabreなど世界各国の優良企業2000社および政府機関に採用されています。

ILOG JRules BRMSについて
「ILOG JRules」BRMSは企業の業務プロセス改善に重要な役割を果たす、企業向けの戦略的なコンポーネント・システムです。企業内で複数の個別のシステムに組み込まれているビジネス・ルールを一元管理できるため、顧客ステータスや製品情報、料金、サービスに関するプロセスを一括管理することで顧客からのシステム変更要求などに迅速に応えることができます。また、どのルールがいつ変更されたのかも簡単に把握でき、記述も自然言語で行われるため、高度なプログラミング技術をもたない一般社員もリアルタイムでルール内容の設定・変更が可能になります。

以上

アイログ社(ILOG®)について
アイログ社は、革新的なエンタープライズ・ソフトウェア・コンポーネントおよびサービスを通じ、企業のビジネスの活性化や業務の効率化に10年以上にわたって貢献してきました。全世界で1000社を超える企業や300社を超えるソフトウェア・ベンダが、アイログのビジネス・ルール、最適化、視覚化の各テクノロジの活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログ株式会社はその日本法人です。詳細については www.ilog.co.jp をご覧ください。



ILOGは ILOG 社の登録商標でJRulesは同社の商標です。他の全ての社名および商品名はそれぞれを所有する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR