米ノベル、Linuxをベースとした初のクロスプラットフォーム対応システム管理製品群ZENworks 7を発表

ノベル株式会社 2005年03月24日

LinuxおよびWindowsシステムの完全なライフサイクル管理を提供

オープンプラットフォーム・コンピューティングにおけるリーダーシップの強化を進める米国ノベル社(以下ノベル、米国マサチューセッツ州ウォルサム)は、定評のあるシステム管理製品群の最新バージョン、Novell(R) ZENworks(R) 7 Suite(以下 ZENworks 7)を発表しました。ZENworks 7は、Linuxプラットフォーム上でWindowsワークステーションの管理を実現する初めてのシステム管理ソリューションです。また、Linuxシステムの完全なライフサイクル管理を自動化する初めてのソリューションでもあります。同製品により、お客様企業はWindowsとLinuxの資産をどちらのサーバプラットフォーム上でも集中管理できるようになります。

Novell ZENworksは、デスクトップ、ノートPC、サーバ、PDAのライフサイクル全体にわたるIT管理プロセスを自動化する、包括的な統合ツールセットです。Novell ZENworksは、ポリシーに基づく自動化機能によって、ビジネスポリシーやITポリシーの維持や適用を自動化し、ユーザや機器のアイデンティティに基づいて、資源をダイナミックに管理し、維持することが可能です。

ZENworks 7は、先ごろ発表されたNovell ZENworks 7 Linux Managementを組み込んだことで、業界で唯一Linuxプラットフォームに対応した完全なライフサイクル管理を提供することができるようになり、同製品群のクロスプラットフォーム機能が強化されました。Linuxに関するソフトウェアイメージの作成機能や設定に対するロック機能、リモート管理、インベントリおよびソフトウェア管理機能が追加されたことで、お客様企業はIT業務の総コストを低減するため、自社のIT環境においてLinuxを迅速かつ容易に導入し、管理し、維持することができるようになります。Novell ZENworks 7 Linux ManagementやLinuxサーバ上でのWindowsデスクトップ管理に加え、ZENworks 7にはNovell Open Enterprise Serverへのサポートや、デスクトップ、サーバ、PDAの各管理製品への拡張が組み込まれています。

ノベルの上席副社長でIdentity Driven製品のゼネラルマネージャであるデヴィッド・リトワックは、「異機種環境の管理について、これほどまでの選択肢をお客様に提供しているシステム管理ベンダは他にありません。ZENworks 7はLinuxをより迅速かつ効率的に導入するための機能を提供することができ、どのようなお客様企業のLinux移行にも利用されるべき製品だと考えています」と話しています。

ZENworksについてより詳しくは、 (リンク ») をご覧ください。


◇ ノベルについて
ノベルは、43カ国、50,000社以上のお客様企業に対し、インフラストラクチャ関連のソフトウェアとサービスを提供する先進企業です。企業データセンターから部門レベル、デスクトップにわたるソリューションで20年以上の実績を持つノベルは、世界中の6,000人の社員と5,000のパートナ、サポートセンターによって、Identity Driven Computing(アイデンティティを基盤とするコンピューティング環境)とLinuxソリューションへのお客様のニーズに応えています。ノベルは、商用ソフトウェアとオープンソースソフトウェア双方の分野においてエンタープライズクラスのソフトウェアとサポートを提供し、業務の柔軟性の向上と選択肢の拡大、TCOの削減を実現します。ノベル関する詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

*Novell、BrainShare、ZENworksは米国Novell, Inc.の登録商標です。
*その他の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR