アイログ、新製品「ILOG JRules 5.0」BRMS 日本語版を発表

業務部門とIT開発部門がつながる基盤を提供し、ビジネスとITの連携を強化ミッション・クリティカルなシステムにおけるルール・エンジンのパフォーマンス管理を実現

アイログ株式会社 2005年04月20日

2005年4月20日、東京-ソフトウェア・コンポーネントの世界的なリーディング・プロバイダであるアイログ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:ブンタラ・イング 以下アイログ)は本日、同社のBRMS(ビジネス・ルール管理システム)*であるILOG JRulesの最新版をローカライズした、「ILOG JRules(TM) 5.0」日本語版(以下ILOG JRules 5.0)を本日より提供開始すると発表しました。
*BRMS(Business Rule Management Systemsビジネス・ルール管理システム):ルール設定・変更・操作、管理を包括的に提供することにより、企業の業務プロセスを効率化するシステム

アイログでは、めまぐるしく変化するビジネス環境に迅速に対応していくためのソリューションとして、BRMSの活用促進を積極的に図ってきました。コンプライアンスや課金システムなど刻一刻と変化する業務において、ソフトウェアのライフサイクルより大幅に短いサイクルで変更が可能なビジネス・ルールを活用して、俊敏なアプリケーションを実現することは、昨今の緊急の課題となっています。

今回のILOG JRules 5.0は、業務担当者と開発者とを連携し、ビジネス・ポリシー(業務における数々の定義、制約および規制)を構成するビジネス・ルールを全社に渡って効率的に管理できるようにした初のBRMSとなります。同製品では、ポリシー管理プロセスのすべての関係者、つまり業務担当者、IT担当者およびシステム管理者が連携して作業できる基盤を提供します。

新しいILOG JRules 5.0の特長

* ルール・リポジトリ同期機能により、業務とITとの橋渡しを実現
ビジネスの迅速な変化に伴い、開発部門では常にアプリケーションのバージョンアップを図っています。このバージョンアップされたアプリケーションの持つルールに、業務側で現在使用しているルールをリアルタイムに対応させることを目的に、ILOG JRules 5.0では初めて、業務側と開発側のルール・リポジトリの同期機能を実現しました。リポジトリ自身の拡張に加え、両リポジトリ間のルールの変更・追加箇所をレポートするクエリー・ツールや、ルール変更に伴うナレッジを新たに加えることにより、アプリケーション開発チームとポリシーを管理する業務チームのスムーズな連携を実現します。

* ビジネス・ルール実行サーバ(BRES)により、ルール・エンジンのパフォーマンス管理を実現
ミッション・クリティカルな運用システムを強力にサポートするため、ILOG JRules 5.0では新たに、ビジネス・ルール実行サーバ(Business Rule Execution Server 以下、BRES)を導入しました。新しいビジネス・ルールの展開を画期的に簡素化するBRESによりシステム運用者は、365日間フル稼働するアプリケーションに新しいルールを容易に展開することが可能になります。また、BRESに備わったモニター機能により、システム管理者は、現在使用しているルール・エンジンの実行や、そのパフォーマンスならびにリソースの管理を、遠隔操作によっても行うことができます。さらに、BRESではエンジン・パフォーマンスのチューニングが可能なため、付加の分散など最適なパフォーマンスが実現できます。特定のサービスレベルを持ってこれらの機能を提供するBRESは、顧客との厳しいSLAを締結している企業に対して、そのシステム可用性の向上をサポートします。

* 意思決定表の改善
業務担当者がルール作成に使用する意思決定表*の使い勝手をさらに向上させました。従来のスプレッドシート型に加え、ツリー型のユーザ・インタフェースの使用を可能にしました。これにより、業務担当者は作成に最適なユーザ・インタフェースを選択することができるようになります。例えば、複雑な課金体系をルールとして記述する際にはテーブル型を使用し、yes/noをたずねる条件の場合にはツリー型を使用するなど、ルール作成をより容易にし、使いやすさを向上させました。
*意思決定表:ある事柄に対する条件と、それに対する行動との関係を簡潔にまとめた表

* SCC(ソースコードコントロール)により、開発者のルール管理を容易に
リポジトリを機能拡張し、アプリケーションの開発者がSCCシステム下でビジネス・ルールの管理ができるようになりました。これにより、さまざまなルールを含むアプリケーションを複数名のチームで開発するといった場合の、ルール作成とその管理を簡易にします。

このようにILOG JRules 5.0では、業務担当者の使い勝手の向上とIT担当者やシステム管理者の開発・管理環境の充実を図ると同時に、新たに追加した業務側と開発側のリポジトリ同期機能によりビジネスとITの連携強化を支援していきます。

ILOG JRules BRMSについて
「ILOG JRules」BRMSは企業の業務プロセス改善に重要な役割を果たす、企業向けの戦略的なコンポーネント・システムです。企業内で複数の個別のシステムに組み込まれているビジネス・ルールを一元管理できるため、顧客ステータスや製品情報、料金、サービスに関するプロセスを一括管理することで顧客からのシステム変更要求などに迅速に応えることができます。また、どのルールがいつ変更されたのかも簡単に把握でき、記述も自然言語で行われるため、高度なプログラミング技術をもたない一般社員もリアルタイムでルール内容の設定・変更が可能になります。

以上

アイログ社(ILOG(R))について
アイログ社は、お客様がより迅速な意思決定を行い、変更および複雑度を管理するためのソフトウェアおよびサービスを提供しています。全世界で 2,000 社を超える企業や 400 社を超えるソフトウェア・ベンダが、市場をリードするアイログの BRMS (ビジネス・ルール管理システム)、最適化、視覚化の各コンポーネントの活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログは、BRMS の市場リーダーです。アイログは 1987 年に設立され、全世界に 600 人以上の社員がいます。アイログ株式会社はその日本法人です。詳細については www.ilog.co.jp をご覧ください。

ILOGは ILOG 社の登録商標です。ILOG JRulesはILOG社の商標です。他の全ての社名および商品名はそれぞれを所有する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR