NTTコムウェアとノベル、「USB-Linuxシン・クライアント」を発表

~ USBメモリ型のデバイスで、既存PCをシン・クライアント化し、顧客情報などの企業内データ流出を防止 ~  

NTTコムウェア株式会社 2005年05月16日

NTTコムウェア株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:今井郁次、以下 NTTコムウェア)とノベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:吉田仁志、以下 ノベル)は、既存のPCにUSBメモリ型のデバイスを挿入するだけで、企業システムのシン・クライアント環境を実現する「USB-Linuxシン・クライアント」の8月の商品化と販売開始を目指します。

【開発の背景】
シン・クライアントとは、企業の情報システムにおいて、社員が使うPC(クライアント)に最低限の機能しか持たせずに、サーバ側でアプリケーションやファイルなどの資源を管理するシステムの総称です。また、その形態のシステムで用いられる、機能を絞った低価格のクライアント用PCを指します。クライアントPC側にデータを保存する機能を持たないことは、顧客情報など企業内データの外部流出防止に有効であることから、採用が期待されています。しかし、これまで、シン・クライアント・システムへの移行は、サーバとクライアントPCを総入れ替えする大がかりな方法が一般的で、低コストで移行可能なソリューションが求められていました。また、社内PCの管理コスト(TCO)削減のため、Linuxデスクトップへの移行を計画する企業からは、頓雑な移行作業を必要としないLinuxソリューションが求められていました。

【「USB-Linuxシン・クライアント」の概要】
「USB-Linuxシン・クライアント」は、OSである「Novell SUSE LINUX OS」と、webブラウザ等のアプリケーションが入ったUSBメモリ型の起動装置「ブータブルUSB」を用いたソリューションです。OSのインストール等を必要とせず、「ブータブルUSB」を既存のPCのUSB端子に挿入するだけで、Linux OSが起動し、シン・クライアント状態を実現します。「ブータブルUSB」は読み込み専用(ROM)であり、シン・クライアント状態では、PC内のハードディスク、その他の記憶装置へのアクセスを禁止しています。そのため、サーバ内の顧客情報データなどをクライアントPC側に保存すること、および記憶媒体に保存して外部へ持ち出すことが困難になります。Linux OSを終了し、「ブータブルUSB」をPCから外せば、シン・クライアントは通常使っているデスクトップPCに戻ります。

【シンクライアント「専用マシン」に対する優位性】
「USB-Linuxシン・クライアント」は、既存PCをそのまま利用でき、専用クライアント(シン・クライアント端末)を新規購入する必要がありません。使い慣れたPCと、操作感がWindowsに近く扱いやすい「Novell SUSE LINUX」を利用するため、ユーザーに対する特別な操作トレーニングを殆ど必要としません。企業のIT資産、そして、ユーザーPC利用スキルを有効活用でき、シン・クライアント環境へのスムーズな移行が可能です。
VPN(仮想専用線)接続を利用すれば、外出先や自宅のPCが、会社のサーバにアクセス可能なシン・クライアントとなります。これにより、顧客情報の入ったノートPCを持ち歩き、紛失するなどのセキュリティ危機を避けることが可能です。また、「ブータブルUSB」の紛失や盗難があった場合も、デバイス内にはデータを持たないため、データの外部流出防止に有効です。

【「USB-Linuxシン・クライアント」構成(予定)】
■提供メディア形態
・USB-ROM(スティックタイプ)
■ベースOS
  ・Novell SUSE LINUX
■アプリケーション
  ・Webブラウザ
  ・RDPクライアント
  ・CitrixICAクライアント
  ・Mono(.Netクライアント)
  ・Java 2 Runtime Environment
■VPN対応プロトコル
・PPTP
・L2TP
■ハードウェア動作環境
・CPU Intel PentiumII~Pentium4
AMD Duron,Athlon,Athlon XP/MP
・メモリ 256MB以上

【LinuxWorld Expoで、プロトタイプを展示】
6月1日から3日まで、東京ビッグサイトで開催される「LinuxWorld Expo/Tokyo 2005」のノベル・ブースに「USB-Linuxシン・クライアント」のプロトタイプを展示します。

製品名および会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR