個人情報保護法に関するeラーニング研修サービスを開始

金融庁ガイドライン順守に向けて金融機関へ提供

みずほ情報総研株式会社 2005年06月24日

みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安念 満)は、2005年7月より、「個人情報の保護に関する法律」(以下:個人情報保護法)の順守に向け、金融機関を対象としたeラーニング研修サービスを開始します。

2005年4月1日から個人情報保護法の事業者義務が適用され、本格施行されました。これに合わせて、金融庁からも「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン」、「金融分野における個人情報保護に関するガイドラインの安全管理措置等についての実務指針」が公表されています。地方銀行をはじめとする金融機関の個人情報保護は、コンプライアンスの徹底や情報システム対策が必要なのはもちろんのこと、社員研修を通じた継続的な社内の意識向上を図る“安全管理措置の周知徹底”が求められています。

本研修サービスは、株式会社きんざい(本社:東京都新宿区、社長:金井 朗)から教育コンテンツの提供を受け、みずほ情報総研のeラーニングサービス「e-テストプラス」等を通じて、継続的に個人情報保護研修や理解度の確認テストを実施するものです。本研修サービスの価格は、事業の特殊性やカスタマイズ内容によって変動しますが、1,000人規模の金融機関で年間200万円程度となります。みずほ情報総研では、本研修サービスを通じて、金融機関における個人情報保護の推進を支援してまいります。


■ニュースリリースに関するお問い合わせ
みずほ情報総研株式会社
広報室 上原 靖、小山 文彦
TEL: 03-5281-7548
E-mail: info@mizuho-ir.co.jp

■サービス内容に関するお問い合わせ
みずほ情報総研株式会社
金融ビジネス営業部
TEL: 03-5281-7581

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR