I-Logix社、最先端の組込みシステム開発のための機能を強化したStatemate4.0を発表

~STATEMATEの機能強化と大幅なGUIの変更により統合開発環境としての利便性を強化~

I-Logix 2005年06月29日

マサチューセッツ州アンドーバー及び東京発-2005年6月29日
組込みシステムとソフトウェアソリューションのリーディングプロバイダーである米国I-Logix社は本日、組込みシステムのための業界で最も普及しているモデル駆動型開発環境(MDD)であるStatemate4.0をリリースしたことを発表致します。 Statemateの様々なツールポピュラービューを生産性改善のため単一の統合開発環境(IDE)に統合され、GUIが大幅に再デザインされたことでパフォーマンスとワークフローを大きく改善します。Statemateの単一のIDE環境によってリーダビィティやナビゲーション能力が向上し開発プロセスの合理化をもたらします、その結果、より効率の良いデータアクセス、マルチエレメントマニピュレーション、マウスクリック回数の最小化などによるモデル作成及び修正を削減することを可能にしました。

新しいGUIに加えて、Statemateは改善されたドキュメンテーションエンジンを提供し、このエンジンによってドキュメンテーションリポジトリー内にあるStatemateインフォメーションの包括的なデータベースに容易にアクセスすることが可能です。また、Statemate4.0はフローチャートをグラフィカル言語の一部として取り込みシミュレーション可能な強力な振る舞いモデルビューアとして機能追加されています。自動車のECUあるいは8/16ビットのような制限のあるフィールドで使われているような製品実装品質レベルのCコードをモデル駆動型デザインプロセスとして統合環境として取り込まれたStatemate MicroC Code Generator を使用してグラフィカルなモデル仕様から自動的に生成することが出来ます。

その他の新しい機能としてはエレメントのネーミングの拡張性を高めることを可能にする64文字キャラクターセットやケースサポート、モデリングに関しての疑問点を即座に解決させるためのヘルプエンジン、ユーザーが選択できる特徴としてエラーチェック用のModel Checkerなどが挙げられます。Statemate 4.0により多くのコンパイラ、構成管理ツール、要求管理ツールとの強固は統合とサポートの充実という特徴を実現させました。


“我々はStatemate4.0の利用性の改善に投資をしたことに対して非常に喜びを感じており、単一の統合開発環境や強化されたサードパーティツールのインテグレーションによって類の見ないシステム開発プラットフォームを提供できると確信しています”とI-Logix社Marketing and Corporate Developmentシニアバイスプレジデントの二ラージ・チャンドラは語っています。”Statemate4.0の強化されたGUI、ユニークなIDE環境そしてマイクロCコードジェネレータのよって単一でもっとも利用価値のある最先端の組込みシステムエンジニアリングツールとなっています”

日産自動車・ダイムラークライスラー・BAEシステムズ・MBDAに代表されるような顧客により、Statemateは自動車業界や航空産業での複雑な組込みシステムのモデリングやシミュレーションの業界標準となっています。Statemateにより、これらの企業は現在複雑巨大な設計へのチャレンジ、新機能の展開、不明確なデザインパラメータなどを克服し要求項目を発展させています。Statemateは先進のオープンアーキテクチャや判りやすいGUIだけでなく完全なシステム仕様とデザインソリューションのための最先端のシミュレーション技術やコード生成機能を統合することで著しく顧客に対してプロジェクトリスクを削減させると同時に開発コストを平均30%以上の開発コストを削減させることを可能にしました。

Statemateに関して
Statemateは開発チーム間で複雑な組込みシステムを迅速に開発するためのグラフィカル設計、シミュレーション、プロトタイピングのためのツールです。 エンジニアはStatemateを使用することでUML言語と従来の機能設計表記法の併用でグラフィカルにシステム要求項目を取り込み、仕様、設計が可能になります。Statemateで取り込まれたグラフィカルモデルはホストコンピュータ上でシミュレーションすることが可能で開発プロセスの早期に要求項目や仕様のエラーを発見することが出来、エラー修正のためのコストが低い段階で修正することを可能にします。Statemateはドキュメント、プロトタイプコード、テストベクタを自動生成しキーになるシステムコンポーネントの再利用を可能にします。


I-Logix社に関して
I-Logixは1987年に創設されたリアルタイム組込みアプリケーションにフォーカスしたシステムデザインからソフトウェア開発のためのモデル駆動型開発環境(MDD)ソリューションのリーディングプロバイダーです。MDDは小規模であろうが大規模なチームであろうがエンジニアにとって組込みシステムの要求仕様、振る舞い、機能をグラフィカルにモデリングすることが可能になります。開発プロセスを通して設計が反復的に分析、検証、テストされると同時に様々な言語で製品実装レベル品質なソースコードを自動生成されます。I-Logixは開発チームメンバーの所在に関わらずデザイン検証や概念設計からコード生成までチーム間での参加が可能になるUML準拠のMDDソリューションがもたらすプロジェクトやタスク管理能力を通してチームコラボレーションを容易にします。I-Logixは本社を米国マサチューセッツ州アンドーバーに置き、営業・サポートの拠点を北米・ヨーロッパ・アジアに置いています。
詳しくはwww.ilogix.comまたはwww.ilogix.jp をご覧下さい。


お問い合わせ:
Rani Salehi
Manager, Marketing Communications
I-Logix
Tel: +1 978 645 3099
E-Mail: rsalehi@ilogix.com

または

アイロジックス ジャパン
リージョナルセールスマネージャー
丸山智樹
電話:03-5532-7826
E-Mail: tmaruyama@ilogix.com


Rhapsody, Statemateは、米国I-Logix社の登録商標です。Statemate MAGNUM, I-Logix, I-Logix ロゴは、米国I-Logix社の商標です。OMGマーク、ロゴは、Object Management Groupの米国内での商標または登録商標またはサービス・マーク、認証マークです。本リリース文で触れられたその他の製品名は、各社の商標または登録商標である可能性があります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

I-Logixの関連情報

I-Logix

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR