アイエイエフコンサルティング、オープンソースがベースのアンケート分析ソリューション開発

IPAのオープンソース事業の成果をベースに、低廉さと高性能を実現

株式会社アイエイエフコンサルティング 2005年06月30日

株式会社アイエイエフコンサルティング(以下 アイエイエフコンサルティング、本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野晴成)は30日、オープンソースのOLAPツールをベースにした低廉、かつ、高性能なアンケート分析ソリューション「IEAS」を開発、販売を開始することになりましたので、お知らせします。
アイエイエフコンサルティングは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が行っているオープンソースソフトウェア活用基盤整備事業の支援を受けてOLAP(多次元分析)ツール「OpenOLAP(オープンオーラップ)」を独自に開発、公開しており、「OpenOLAP」をベースにした特定用途向けソリューションとしては、今回のアンケート分析が第1弾となります。
 「IEAS」は、テンプレートと個々の顧客に合わせたカスタマイズ・サービスを組み合わせて提供されるソリューションで、標準的な導入モデルは、運用・導入に要する期間が2ヶ月間、費用が400万円程度となっています。アイエイエフコンサルティングでは、今回の「IEAS」を皮切りに、今後も継続して、オープンソースソフトウエアをベースにしたソリューション事業を強化し、2年後には年間1億円の受注を目標としています。

 アイエイエフコンサルティングの「IEAS」は、低廉、かつ、高性能であることを最大の特徴としています。アンケートは、対象となる市場のニーズを直接把握できる最も有効、かつ、一般的な手段です。反面、アンケートが多用されている割にはアンケート結果を利用、反映しているケースは非常に稀であるというのが実情です。その大きな要因は、アンケートを実施する側に結果を分析するノウハウがないために、設問ごとの回答数や比率、少し踏み込んでも回答数や比率について「性別」や「年齢層」別に集計表やグラフで示す集計レベルのことしかできていないところにあり、さらに深い分析を行うためには多額の投資を伴うOLAPツールが必要になるという厳しい事情もあります。
 これに対して「IEAS」では、アンケート分析を行うOLAPツールにオープンソースを使用することで低廉化を図っています。「IEAS」の構成は、アンケート作成ツール、OLAP分析用スキーマ、レポート作成・閲覧ツールとなっており、OLAP分析用スキーマ、レポート作成・閲覧ツールは、アイエイエフコンサルティングが開発したOLAPツール「OpenOLAP」、OLAP分析用スキーマで使用されるRDBMSは、オープンソースとして実績がある「PostgreSQL」を使用できるようにしています。しかも「IEAS」は、オープンソースによる低廉化を追求しただけでなく、アイエイエフコンサルティングが創業以来行ってきたOLAPツール、分析アプリケーションの企画・開発・販売を通じて培ったノウハウが生かされており、「OpenOLAP」では、アンケートデータに対する高度な分析に必要なドリルダウンやドリルスルーといった機能を使用して数値同士の間に隠れた関係性までを読み解くなど商用OLAPツール並みの機能・性能を提供します。
 また、「IEAS」は、単にツール、分析結果を提供するだけでなく、「分析を意識したアンケートの作成(PLAN)」、「アンケート結果をどの様に分析するかのモデルを定義(DO、CHECK)」、「アンケートを分析した結果から、ユーザアプローチの実行(ACTION)」の「P・D・C・A」をトータル的にサポートする完結型のソリューションです。GUIベースでのアンケート作成機能から、電子メールやDMといった実際のアプローチに必要な顧客明細データの生成機能までを含みますので、「IEAS」を導入するだけで、効果的なマーケティング活動を実施することができます。

 アイエイエフコンサルティングは、独立系のコンサルティング会社という立場からツールやコストの制約を受けないユーザーにとって最適なITの提供を目指し、オープンソースによるOLAPツールやETLツールといった有用なツールの開発を行っています。「IEAS」は、オープンソースによるOLAPツールをアンケート分析に適応させたものであり、今後は、ETLツールを含めオープンソースの適応範囲の拡大に注力していきます。

以 上

※「IEAS」のソリューション概要は、添付ファイルをご参照下さい。


「OpenOLAP」について
OLAPツールは、企業の顧客データや販売データなどの蓄積された大量のデータを様々な角度から検索・集計して問題点や解決策を発見し、経営や営業活動の効率の向上を図るためのツールです。「OpenOLAP」は、今まで商用製品でのみ提供されていたOLAPツールの機能を初めてオープンソースソフトウェアとして実現しました。「OpenOLAP」の動作環境としては、オペレーティングシステムとして「Linux」、アプリケーション・サーバーとして「Tomcat」、データベース管理システムとして「PostgreSQL」を使用しています。これらは全て、広く普及した既存のオープンソースソフトウェアであるため、ユーザー及びITサービス企業は、完全なオープンソースソフトウェア環境で、企業データ分析システムを構築することが可能になりました。

「OpenOLAP」のダウンロードや技術的問合せについては、
(リンク ») をご覧下さい。


独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)について
1970年10月1日設立の特別認可法人 情報処理振興事業協会を前身とし、2004年1月5日に独立行政法人 情報処理推進機構として発足しました。情報処理の振興を図るため、ソフトウエア開発支援事業(オープンソフトウェア活用基盤整備事業を含む)、情報セキュリティ対策事業、IT人材発掘・育成事業を実施しています。
Webサイトは、 (リンク ») です。


株式会社アイエイエフコンサルティングについて
株式会社アイエイエフコンサルティングは、1998年に設立されたデータウエアハウス及びビジネスインテリジェンス(BI)専門の独立系コンサルティング会社です。証券、金融、通信、製造、流通など多岐にわたる業種のデータウエアハウス、BIシステム構築プロジェクトを経験し、業務分析・要件定義からから設計・開発までトータルなコンサルティング・サービスを提供しています。また、以前よりオープンソースのBIツールを開発し、公開するなど、オープンソース分野での貢献も積極的に行っています。
Webサイトは、 (リンク »)

文中の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

「IEAS」のソリューション概要

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイエイエフコンサルティングの関連情報

株式会社アイエイエフコンサルティング

株式会社アイエイエフコンサルティングの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR