メール配信ASP「アウトバーン」をバージョンアップ

オプション機能の多目的データベース「マルチフォーム」に画面デザイン機能を実装

トライコーン株式会社 2005年08月02日

トライコーン株式会社(本社:東京都港区 代表:七村 守)は、メール配信ASP「アウトバーン」のバージョンアップを行い、オプション機能の多目的データベース「マルチフォーム」に登録画面のデザイン性を高める「画面デザイン機能」を実装した。 http://www.tricorn.co.jp/press/172.phtml

■ バ ー ジ ョ ン ア ッ プ 内 容 の 詳 細

同機能は、画面に表示された項目に従って数値を入力することで、アンケートや資料請求などの登録画面を自動生成する機能。

企業の担当者は、自動生成された画面のURLをそのまま利用することによって、自社ウェブサイトのデザインを維持したまま、データベースを稼動できるようになる。

併せて、今回のバージョンアップでは、メール配信ASP「アウトバーン」のパスワードを従来よりも高いセキュリティに変更する「任意パスワード設定機能」も実装した。

従来の英数文字パスワードに加えて、記号文字の使用、大文字・小文字の識別、入力文字数などの複合設定を可能にしたことで、パスワードのセキュリティレベルを向上させている。


■ 多 目 的 デ ー タ ベ ー ス 構 築 機 能 「 マ ル チ フ ォ ー ム 」

メール配信ASP「アウトバーン」のオプションとして提供されている多目的データベース構築機能。

複数データベースの並行稼動、データベース単位の担当者設定、HTMLソースコードの書き換えによるデザイン機能など、データベースの運用・管理効率を向上させる機能を搭載している。

顧客向けアンケート、資料請求、セミナーの登録管理、またプレゼント応募フォームなど、企業の活用場面や目的にあわせて様々な形態で利用されている。


■ メ ー ル 配 信 A S P 「 ア ウ ト バ ー ン 」
(リンク »)

1997年にサービスを開始したデータベース連動型のメール配信ASP。中央官公庁や金融機関、上場企業を中心として多数の法人において利用されている。

メールマガジンの運営で蓄積したノウハウと利用顧客からの要望をバージョンアップに反映させているため、安全で確実なメール配信が可能になっている。

システムの冗長化構成、プライバシーマークの取得による個人情報保護体制の整備、充実したサポート、高度なセキュリティ体制を敷いたデータセンタの利用などによって、業界最高水準のサービスを提供している。


■ ト ラ イ コ ー ン 株 式 会 社
(リンク »)


■ リ リ ー ス 内 容 に 関 す る お 問 合 せ 先

トライコーン株式会社
マーケティング&コミュニケーションズグループ:奥村
tel:03-5574-7861
fax:03-5574-7862
mailto:sales@tricorn.co.jp

用語解説

▼ASP(Application Service Provider)
データセンターに設置したサーバにアプリケーションをインストールして、インターネットを介してレンタルの形態で提供するサービス。パッケージ製品の購入によるライセンスの管理やシステムの構築、維持、バージョンアップなど煩雑性を伴う作業のアウトソーシングすることで、初期導入費用を安価に抑え、低額の料金からサービスを利用できる。

▼サーバの冗長化
同じサーバ構成のシステムをニ系統準備しておき、片方を主系統に、もう片方は主系統と同期をとった待機系統としておくことによって、万が一、主系統の一部で障害が発生したとしても、即座に待機系統に処理が引き継げるようにされたシステムのことです。
金融機関を中心としたシステムダウンによる影響度が大きい企業や国際的規模で展開する企業の基幹システムや決済システムなどでは、安定した品質を維持するために冗長化を採用する企業が多くあります。

▼プライバシーマーク
プライバシーマークは、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)などの付与機関が認定するもので、経済産業省の規定する個人情報保護のガイドラインに準拠して、適切な保護措置を講じている民間事業者を対象に、その旨を示すマークとして付与されます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トライコーン株式会社の関連情報

トライコーン株式会社

トライコーン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR