アイログ、最適化新製品 ILOG Optimization Decision Managerを発表

最適化技術の応用範囲を業務担当者にまで拡大

アイログ株式会社 2005年08月02日

東京発、2005年8月2日 - ソフトウェア・コンポーネントの世界的なリーディング・プロバイダであるアイログ社(NASDAQ:ILOG; Euronext; ILO, ISIN:FR0004042364)は本日、インタラクティブな業務計画作成とスケジュール作成のアプリケーションに向けた最適化新製品、ILOG(R) Optimization Decision Manager(以下 ILOG ODM)を発表しました。ILOG ODMは、カスタマイズした計画作成ならびにスケジュール作成アプリケーションを自動生成するはじめてのソフトウェア・ツールです。同製品で生成されたアプリケーションを活用することで、企業は大幅にコストを削減できると同時に、ビジネスの変更への対応能力を飛躍的に高めることができます。ILOG ODMは、最適化技術を基盤としたアプリケーション開発ツールとして、業務上の意思決定を導くアプリケーションを、業務担当者が構成、変更できるよう設計された最初のツールです。アイログがBRMS*(ビジネス・ルール管理システム)分野におけるユーザ中心指向アプリケーションの開発で得た経験を活かして開発されたILOG ODMは、業務担当者自身が業務遂行シナリオを作成、テストできるほか、計画やスケジュールを実際に実行する前に異なるシナリオで結果を比較することもできます。ILOG ODMは本日より出荷を開始します。
*BRMS(Business Rule Management Systemsビジネス・ルール管理システム):ルール設定・変更・操作、管理を包括的に提供することにより、企業の業務プロセスを効率化するシステム

ILOG ODMは、最適化技術を基盤とする意思決定支援のためのアプリケーションをスタンドアロン型で開発することを検討中の企業を対象としています。コスト要因や業務上の各種の制約、顧客の要求、従業員の希望、目標など、実利的な計画作成と複雑なスケジュールを伴う運用管理に欠かせない要素すべてを計算に入れることで、実際のビジネスに合致する計画やスケジュールの作成が可能になります。こうした利点は、システム内で使われているILOG CPLEX(R) などの強力な最適化ソフトウェアにより実現されています。ILOG ODMは、数学的な技術を応用した計画作成やスケジュール作成の実行能力を業務担当者にもたらすことで、今後、最適化技術の応用範囲を広げていきます。

ILOG ODM は、計画とスケジュールの作成プロセスにおいて数多くの革新をもたらします。企業では、リソース計画に関してまず検討を重ねてから重要な判断を下すのが普通です。これに対してILOG ODMを使用すると、詳細設定の必要なく、すぐにwhat-if 分析とシナリオ比較ができるため、ビジネス上の変更がもたらす影響を事前に把握することが可能です。ILOG ODMにより業務担当者は、リソース計画とスケジュールを作成するための仮定内容、業務上の制約条件、目標の調整ができるようになり、慣れ親しんだ業務用語で結果を読み取ることができます。このため、ビジネス上の各種の課題における最善の戦略を容易に定義することができます。その課題の例としては、倉庫や配送センターをどこに設けるか、工場を新しく建設するかそれとも組立てラインを増設するか、あるいは顧客サービスの要求、労働関連法規、必要とされるスキル、従業員の希望を考慮しながらいかにスタッフを最適にスケジューリングするか、などが挙げられます。業務担当者はこのシステムと対話することで、潜在する不一致条件や経済要因を深く検討でき、これによりスケジュール案や計画案に対して大きな信頼を寄せることができるようになります。

ILOG ODMに関する詳細は、 (リンク »)  をご覧ください。

アイログ最適化製品はGlobal 500企業の30パーセント以上と、500を超える大学研究プログラムで利用されています。さらに、SAP、Oracle、Siebel、SabreをはじめとするISVパートナを通じて何千というユーザに利用されています。アイログのツールを活用して構築したカスタムアプリケーションや、アイログのソフトウェア・パートナが提供するアプリケーションに組み込まれているアイログの計画作成/スケジュール作成用コンポーネントは、総合的に年間数千億円に相当する効率化とコスト節減をもたらしています。

以上

アイログ社(ILOG(R))について
アイログ社は、お客様がより迅速な意思決定を行い、変更および複雑度を管理するためのソフトウェアおよびサービスを提供しています。全世界で 2,000 社を超える企業や 400 社を超えるソフトウェア・ベンダが、市場をリードするアイログの BRMS (ビジネス・ルール管理システム)、最適化、視覚化の各コンポーネントの活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログはBRMS の市場リーダーです。アイログは 1987 年に設立され、全世界に 600 人以上の社員がいます。アイログ株式会社はその日本法人です。詳細については www.ilog.co.jp をご覧ください。

ILOG、CPLEXは ILOG 社の登録商標です。他の全ての社名および商品名はそれぞれを所有する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR