地上波TVチューナ内蔵アップスキャンコンバーター             「EntaVision ML」

●パソコンでスマートにテレビ鑑賞  ●安定した視聴環境を実現するノイズリダクション機能搭載 ●置く場所を選ばないコンパクト設計

株式会社ノバック 2005年08月15日

 パソコン周辺機器・ソフトウェアの企画開発・販売を行っている株式会社ノバック(本社:東京都文京区、代表取締役:中島 洋一)は、パソコンモニターでTV視聴を可能にする地上波TVチューナ内蔵アップスキャンコンバーター「EntaVision」シリーズの新製品、ノイズリダクション機能搭載の「EntaVision ML」を投入、8月26日(金)より、全国のパソコン専門店等にて発売を開始します。標準小売希望価格は9,800円(税込)。

 本製品は、ケーブルでパソコンモニターにつなぐだけで、簡単にパソコンでテレビ視聴を楽しめるアップスキャンコンバーター。ドライバ類のインストールは不要、パソコン側のCPUパワーも一切利用しないので、旧式のパソコンでも使用できます。OSの種類にも依存しないので、幅広い環境で、簡単・手軽にテレビ視聴を実現します。
 パソコンのデスクトップにテレビウィンドウを表示させるPIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能も標準装備。PIP 画面は1/4表示で見やすく、かつリモコンで画面上の任意の位置に移動させることも可能です。

 パソコンなしでも使用できるので、比較的安価なパソコン用液晶モニターを用いれば、リーズナブルな価格で、液晶テレビが手に入ります。画面サイズは、最大1280×1024のSXGAに対応、ノイズリダクション回路を搭載しているので、これまで以上に高品質な映像でテレビを視聴できます。更に、家庭用テレビゲーム機やビデオ機器からの映像も出力可能、パソコン・テレビ・ゲーム・ビデオ鑑賞と、一台のディスプレイを、何通りもの楽しみ方で使用できます。

 付属のリモコンは、12キータイプ。リモコンで操作できる機能は、チャンネル切り替えや音量調節、PIP画面の移動など、あえて基本的なものに絞っており、家庭用のテレビと変わらない簡単で快適な操作性を実現しています。
 付属のスタンドで縦置きも可能。大きさは文庫本とほぼ同程度のコンパクト設計なので、置く場所を選ばず、スペースを有効活用することができます。

----------------------------------------------

■「EntaVision ML」の主な特長

簡単セットアップですぐにTV番組が楽しめる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ドライバなどソフトウェアのインストールは不要。既存のテレビアンテナ線を本体に接続し、付属のケーブルセットでパソコンとモニターの間に取り付けるだけで、すぐにテレビ視聴が可能になります。付属のオーディオケーブルでパソコン付属のスピーカーとの接続も簡単です。


ノイズリダクション機能とSXGA出力対応による美しく、鮮明な映像表示
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 テレビ画像を補正するノイズリダクション回路を搭載。SXGA (1280×1024ドット)解像度での出力に対応し、シャープで美しい映像表示を実現します。


PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 パソコンのデスクトップにテレビウィンドウを表示させるPIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能を搭載。パソコン側のCPUパワーは一切利用しないので、テレビ視聴によって動作が鈍くなることもありません。PIP画面は見やすい1/4表示。リモコン操作でデスクトップ画面上の任意の位置に移動できるので、パソコンで作業をしながらでも、気になるテレビ番組をチェックできます。


家電感覚の12キーリモコン付属
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 同梱のリモコンはチャンネル切り替えや音量調節、PIP画面の移動など、あえて基本機能に絞り、直感的な簡単操作を実現しました。


設置場所を選ばないコンパクト設計
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 149mm×105mm×37mmのコンパクトサイズを実現。付属のスタンドで縦置きも可能なので、パソコンと一緒に設置しても邪魔にならず、置き場所を選びません。


様々な用途で楽しめる豊富な外部入出力端子
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 外部入力端子としてコンポジット、Sビデオ、音声入力を搭載。家庭用TVゲーム機やビデオ機器、DVDプレイヤーなどを接続して、パソコンで楽しむことができます。また、コンポジット出力端子も搭載しているので、テレビチューナーを内蔵していないビデオキャプチャ機器やビデオカメラなどのテレビソースとしても使用できます。

----------------------------------------------

■本製品の概要
・製品名:     EntaVision ML(エンタビジョン・エムエル)
・型番:      NV-ET2000
・発売日:     8月26日(金)
・価格:      標準小売希望価格9,800円(税込)
・製品構成:    本体、リモコン、ACアダプタ、
          コンポジットビデオ/オーディオケーブル、
          VGA専用ケーブル、オーディオケーブル、縦置きスタンド
          乾電池、マニュアル、ユーザー登録案内、保証書

【動作環境】
・パソコン本体:本体又はビデオカードに標準VGA端子(ミニD-Sub15ピン)を持つパソコン
        ※DVI端子、メーカー製PC専用DVI端子には対応していません。
・モニター:  標準VGA入力を持ち、800×600ドット以上の表示が可能なCRTまたは液晶モニター
        ※標準VGA解像度(640×480ドット)での表示には対応していません。
※本製品は、パソコン側のCPU性能、メモリーやHDD容量、およびOSの種類には
 依存しません。

【仕様】
外部端子:
・コンポジットビデオ入力:RCAコネクタ(黄色)
・Sビデオ入力:      DINコネクタ
・オーディオ入力:    RCAコネクタ(白、赤)
             (Sビデオとコンポジットビデオ共通)
・PCオーディオ入力:   3.5mmステレオピンジャック
・VGA入力:        DINコネクタ(オリジナルインタフェース)
・TVアンテナ入力:    RF端子(F接線)
・コンポジットビデオ出力:RCAコネクタ(黄色)
・オーディオ出力:    3.5mmステレオピンジャック
・VGA出力:        D-SUB15ピン
画面解像度:       800×600:75Hz/800×600:60Hz/
             1024×768:75Hz/1024×768:60Hz/
             1280×768:60Hz/1280×1024:60Hz
画像調整:        明るさ、輝度、飽和度、色合い、鮮明さ
TVチューナ:       NTSC地上波 UHF 1-12Ch VHF13-62CH/
             CATV 1-62CH
             (ステレオ・音声多重放送には対応していません)
電源(付属ACアダプタ仕様):入力 AC 100V-240V/出力 DC 5V
外形寸法/重量:     149×105×37 mm/約290g

※製品の外観や付属ソフトウェアのGUIなどは、改良のため、予告なく変更される場合があります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ノバックの関連情報

株式会社ノバック

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR