携帯型ラジオMP3レコーダー 「トークマスターⅡ」 に新バージョン登場

サン電子株式会社 2005年09月05日

サン電子株式会社(本社:愛知県江南市、代表取締役:若井富幸、資本金8億3千6百万円)は、2005年4月に発売し、オンリーワン商品として大きな話題になった携帯型AM/FMラジオ自動録音機「トークマスターⅡ」の新バージョンを9月下旬より発売いたします。

ラジオ語学講座の聴取者や、深夜放送の聴取者を対象に、各種ラジオ番組を簡単にタイマー録音でき、どこにでも持ち運んで聞くことができる携帯型AM/FMラジオ自動録音機「トークマスターⅡ-H」の、本体色をホワイトに変更し、特別仕様の付属品を同梱した新商品です。

製品名  : TalkMasterⅡ-HW
型 名  : RIR-500HW
標準価格 : ¥34,800(税込)
発売日  : 平成17年9月下旬

■商品概要

従来商品トークマスターⅡ-H(512MBモデル)と比較して、商品の機能はそのままに下記内容の変更を行いました。
①本体色をホワイトに変更。それに合わせて本体シルク表示を変更。
②従来の商品に同梱されていたイヤホン、ネックストラップを、巻き取りイヤホン(インナーイヤータイプ)、ネックストラップイヤホンに変更。

■主な特徴

● 録音方式(MP3ステレオ録音対応)
デジタルオーディオで多用される「MP3」方式を採用。AM放送の高音質録音はもちろん、FM放送のステレオ録音も可能でFMタイマーエアチェックにも最適です。

● タイマー録音
携帯型でありながら、AM/FMチューナーを内蔵し、曜日または日付指定方式で最大20件までタイマー録音が可能。また、それぞれに対して録音音質を選択することも可能です。
(簡単設定)
日本語メニュー方式で、項目を選択してゆくだけで誰でも簡単にタイマー設定ができます。
(録音ファイル自動振り分け)
タイマー録音されたファイルは、予約設定別に自動的に振り分けて表示させることができ、多数の番組をタイマー録音した場合、どの番組の録音ファイルか迷いません。(特許出願中)
(自動時刻補正)
定期的にNHK-FMの時報を検出して、自動的に内部時計を補正する機能により、正確に番組の最初から録音開始できます。(注:安定したFM受信ができる必要があります)

● 多彩な語学学習専用機能
(多彩なリピート機能)
5種類の通常リピート機能に加え、A-B間リピート、ワンタッチリピート(2,4,8,16 秒選択)を搭載、用途に合わせて最適なリピート方法を選択できます。
(レッスンモード)
教材の発音の後に、自分の発音を録音すると自動的に両方を交互再生し、自分の発音と教材とを聞き比べながら発音練習ができます。(特許出願中)
(再生速度可変機能)
再生速度を5段階(0.5~1.5 倍速)で変化させることができ、早聞き、遅聞きレッスンができます。

●大容量512MBメモリー内蔵
内蔵メモリーで最大録音時間は約32時間。15分のラジオ語学講座なら、なんと約半年分の講座をまるごと録音することも可能です。

●パソコンとのデータ連携
付属のUSBケーブルでパソコンと接続するだけで、外部記憶装置として認識してくれます(Windows Me、2000、XP対応、USBマスストレージクラス)
録音したデータをパソコンで保存したり、パソコンからMP3ファイルを転送することができます。

● デジタルオーディオプレイヤー機能
8種類の再生音質選択、3Dサウンドといったデジタルオーディオプレーヤーとしての機能も付いています。

● ボイスレコーダー機能
小型マイクを内蔵していますので、ボイスレコーダーとしてそのまま会議録音、ボイスメモ等にお使いいただけます。

● SDメモリーカードスロット
最大1GBまでのSDメモリーカードを使用できます

● 充電式リチウムポリマー電池(充電クレードル付属)
充電は付属の充電クレードルに載せるだけで完了。
又、USBでパソコンと接続しておいても充電可能です。

■問い合わせ先

サン電子株式会社ボイスラボ事業部 山本

〒483-8555 愛知県江南市古知野町朝日250
TEL 0587-55-2154 FAX 0587-53-7616

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR