簡単・手軽なシンクライアントソリューション「LongViewシリーズ」新登場。

日本アボセント株式会社は、小規模から導入いただけるシンクライアントソリューション「LongViewシリーズ」3機種LV1000P-105, LV1000U-105, LV1000R-105を発表しました。

アボセントジャパン株式会社 2005年10月14日

アボセントのシンクライアントソリューション「LongViewシリーズ」は、専用のサーバインターフェースモジュールと市販のCAT5ケーブルによりPC本体のI/Oポートとユーザーステーション間を延長するだけの簡単・手軽な方式です。また、既存のPCを流用することができるので、ごく小規模からでもシンクライアント環境を実現します。

設定のための専門知識やスキルは要りません。導入、運用のための人件費を削減し、価格も低コストですので、TCO削減に寄与する新しいシンクライアントソリューションです。

■LongViewシリーズ活用例

・ユーザ側にI/Oポートを持たせない、情報漏えいを防止するシンクライアントソリューションとして
・LongViewシリーズのLV1000P-105とLV1000U-105は、LV1000R-105ユーザステーションと専用デュアルモードのサーバインターフェースモジュールがセットになっています。増設用のLV1000R-105ユーザステーションとサーバインターフェースモジュールを市販のUTPケーブルで接続いただくとコンパニオンモードとしてご利用いただけます。例えば、店舗には表示用モニターを設置して別の部屋には制御用PCを設置することもできます。 店舗での顧客対応、監視・管理などにご利用いただけます。また、画像自動補正機能により最大300m延長後でもクリアに表示できるため、展示会、セミナー、デモ、検証などにも最適です。


■LongViewシリーズの特長

・ I/Oポートとユーザとの間を最大300mまで隔離・延長
・ Automatic Skew Compensation機能により画像自動補正。300m延長後でも1280*1024の画像をクリアに使用可能
・ モニター、キーボード、マウス、スピーカー、マイクポートをサーバインターフェースモジュールとCAT5ケーブルで延長させだけの簡単な設置
・ オン・スクリーン・ディスプレイ(OSD)によりシステム管理や設定が簡単
・ コンパニオンモードを使用すると表示用モニターと制御用PCといった組合せが可能


■LV1000P-105製品情報

(リンク »)


◇本件に関するお問合せ先
日本アボセント株式会社 
〒163-0733 東京都新宿区西新宿2-7-1 新宿第一生命ビル15階
URL:  (リンク »)
Tel: 03-5909-3307 FAX: 03-5909-3308
→ E-mail: info@avocent.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アボセントジャパン株式会社の関連情報

アボセントジャパン株式会社

アボセントジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!