ナビッピドットコム、FOMA初のビジネス向け位置情報検索サービス「位置情報ASPサービス for FOMA」をスタート

2007年4月以降の3G携帯電話・GPS機能搭載標準化への動きに呼応し予測される位置情報システムの更なる普及への期待を担うASPツール

ナビッピドットコム株式会社 2005年11月24日

FOMA初のGPS機能付き携帯電話SA700iSを用い、物流、保守メンテナンス、営業支援、介護、タクシー、警備会社など、さまざまなビジネスにおいて、iアプリを利用した位置情報検索サービスによる支援を可能に

 地図情報関連ビジネスのベンチャー企業である「ナビッピドットコム株式会社」(本社:東京都港区芝5-14-15 望月ビル6階、代表取締役社長:篠崎 登、資本金:4,900万円)は、12月1日から、FOMA(NTTドコモ)初のGPS機能付き携帯電話に対応した位置情報検索サービス「位置情報ASPサービス for FOMA」を開始いたします。GPS機能付き携帯電話を持つ社員などの位置情報を、インターネットに接続したパソコンで閲覧できるサービスで、FOMA利用のサービスとしては、業界初のビジネス向け位置情報ASPサービスとなります。
 今回のiアプリを利用した「位置情報ASPサービス for FOMA」は、GPS機能付き携帯電話の現在位置をパソコン上で確認できるため、緊急時の車両手配や、営業マンへの指示に大変有効です。また、現在位置の確認のみならず、過去の履歴をグラフなどを用いて表示する機能も備えており、行動分析に活用できるなど、ビジネス上の大変有効なツールとしても利用可能です。さらに、FOMAにおけるパケット定額制を利用することで、位置取得回数増にともなうパケット費用増を心配することなくご利用いただけます。
 価格は、FOMAのGPS機能付き携帯電話1台につき、月額1,000円、専用サイト用PC端末1台あたり、月額5,000円となります。なお、本サービスにおける売上目標は、各業種向けカスタマイズによるソリューション開発も含めて、初年度2億円をめざしております。


■昨年の同月までの位置履歴保持による行動範囲のビジュアル表示や、多彩なグラフで読み解かれる行動分析など、さまざまなビジネスシーンで役立つ簡単操作の活動分析サービス

 この「位置情報ASPサービス for FOMA」を利用いただきGPSを用いた正確な現在位置を把握することで、車両や営業担当者の所在やそれらの活動範囲の確認ができます。また緊急事態の発生時に、現場近くの社員への派遣指示も行えます。更に、位置履歴13ヶ月分を保持しているため、昨年同月まで遡った業務分析が可能です。特に該当メンバーの行動範囲をメッシュで表示するなどの機能は大変有効な分析ツールとなっております。

 「乗車」「空車」「積荷」「空荷」「移動中」「商談中」「事務処理中」などのステータス情報や、携帯側ユーザーが入力したメモ情報も、位置情報配信サービス専用サイトに随時送信でき、それらの情報を本部側のパソコン画面から閲覧できます。また、ステータス情報の統計をとって、メンバー別の時間分析グラフ(※)を表示することもできます。

※ステータス別の行動時間を「時間(分単位)グラフ」「構成比グラフ」「選択したメンバー単位のグラフ」「選択したメンバーの合計グラフ」などのメニューにてグラフ表示します。

●「位置情報ASPサービス for FOMA」の主な機能

1)位置履歴13ヶ月分を保持
 昨年の同月までの活動状況が履歴として蓄積されているため、業務分析への応用が可能です。
2)セキュリティへの配慮�
 GPS携帯電話の位置測位には専用URL、ID、パスワードが必要となるなど、セキュリティにも配慮しております。�
3)より使いやすくなったユーザーインターフェース
 DLP方式でF661i/F505i GPS向けに提供しております弊社「位置情報ASPサービス」に寄せられた、ユーザーの皆様からのご要望に応える形で、「詳細情報からのメーラー起動による簡単メール連絡機能」「最新位置でのステータス変更による、対象欄の色変更とPC音での通知機能」「詳細情報に当日ステータスログを表示する当日作業状況の簡単な確認機能」「位置履歴/ステータス選択による業務内容ごとの履歴確認機能」「履歴分析画面/ステータス選択による業務内容ごとの分析機能」などの機能が追加装備されました。
4)顧客情報(スポット情報)の登録機能�
 顧客位置情報を地図上に同時に表示することで、緊急コール時におけるフィールドワーカーの顧客対応力を高めることができます。
5)グループ別管理機能(階層設定機能)
 この機能により、エリア別、拠点別などの階層別管理が可能となります。
6)各種検索機能�
 この機能により、検索対象抽出が容易にできます。
・住所、駅名検索機能
・スポットリストからの検索7)分析機能
 この機能により、エリア配送業や営業マンの担当エリア分析や、エリア重複による非効率部分の洗い出しが可能です。また、時間分析により、配送効率・営業効率分析も可能となります。
・履歴分析�
・時間分析�
8)CSV(Comma Separated Values)出力機能
 蓄積された、緯度経度付きデータをCSV形式で取り出し可能ですので、二次加工による、データ分析が容易にできます。
9)現在F661i/F505iGPSをご利用の場合、同時利用が可能です。


■運送業・タクシー・観光バスなどに最適。その他、営業、メンテナンス、介護など、さまざまに広がる利用シーン。

「位置情報ASPサービス for FOMA」は、特に位置送信回数が大量に必要(常時、位置を把握することで顧客対応力向上が期待できる)な業種において、低コストで利用できることが大きな特長となっております。よって、運送業・タクシー・観光バス等にて運転者が携帯電話を利用している企業にとっては最適なサービスとなります。
 上記以外の利用についても、顧客情報登録機能や住所検索機能などの機能を用意することで、営業/保守員/介護員/警備員/ヘルパーといった、様々な業種業態での顧客対応利用を可能としました。また、管理/監視者が車両等の動態管理を実施する際、操作時のストレスを軽減するため、ブラウザ上でスクロールできる操作性の良い地図を採用しております。
 今後、ナビッピドットコム株式会社では、これまでのGPS付き携帯電話を利用した業務向けモバイルシステム開発及びASPサービスカスタマイズの実績・ノウハウをベースに、各業種業態に最適なシステムインテグレーション(タクシー業向け、保守員向け、旅行業向け、警備会社向け、ヘルパー/派遣業向けなど)としても、このサービスを応用展開して参ります。

■動作環境
 本システムは以下の環境にて動作可能です。
 ●携帯電話
  ・ SA700iS  
 ●パソコン
  ・ OS:日本語版 Windows98,WindowsMe,Windows2000,WindowsXP
  ・ ブラウザ:Microsoft Internet Exploler 6.0以降
  ※ インターネットに接続できる環境が必要です。

■サービス使用前に
 SA700iSからの定期位置発信のため、iアプリのダウンロードが必要となります。
 iアプリで実現する主な機能は以下のとおりです。
 ・位置発信者に操作させることなく位置を自動取得・自動発信する。
 ・ステータス情報の変更、発信。

■ナビッピドットコム株式会社について

 ナビッピドットコム株式会社は、地図情報&位置情報関連システムをコアとした企業向けソリューション、通信キャリア各社への公式コンテンツ提供、各種ASPサービスの提供等を行っている、パイオニア株式会社からのスピンアウトベンチャー企業です。パイオニア株式会社にて行っていた地図コンテンツ事業をスピンアウト、2002年9月にMBO(マネジメントバイアウト)的な手法で独立(第1号)いたしました。一般向け地図情報コミュニティサイト「ナビッピドットコム」サイト< (リンク ») は、個人、グループ、企業など、さまざまな単位でご利用いただける新しい形態の情報ウェブサイトとして、2001年4月よりインターネット版サービスを始め、現在はパソコン・PDA・携帯電話・家庭用固定電話(Lモード)から数多くのアクセス(100万総ページビュー/月)があります。その他、NTTドコモ、au(KDDI)など、携帯電話会社向けに公式コンテンツの運営を行なうなど、モバイルコンテンツ開発・運営についても高い評価を頂戴しており、営業支援システム、地図情報システム、GPS位置情報システム等の開発に関しても多くの企業の支持を受けております。2004年8月には、株式会社エリシアシステムへ出資(35%)、同年12月には、株式会社ネクストコアへ出資(100%)、2005年10月には株式会社スマートソフトウェアへの出資(30%)を行い、各社をグループ企業に加え、トータルビジネスソリューションカンパニー実現へ向け、独自の技術および営業体制の強化を図っております。

※お客様のお問合せは下記Eメールにて受け付けております。
 E-mail:info@navi-p.com
 URL: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

PC側 活動履歴分析画面

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ナビッピドットコム株式会社の関連情報

ナビッピドットコム株式会社

ナビッピドットコム株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!