インフォマティカ・ジャパン、 オンデマンド・メインフレーム・アクセスソリューション 「Informatica PowerExchange」の日本語版を出荷開始

Informatica PowerCenterとの緊密な統合により、複雑なレガシーデータの分析とデータ差分の抽出がオープン環境で実現、閉ざされたメインフレームソースを開放しプロジェクトコストを大幅に削減

インフォマティカ・ジャパン株式会社 2005年12月20日

データ統合ソリューションにおけるマーケットリーダー、インフォマティカ・ジャパン株式会社は、同社製品群の中核となるInformatica PowerExchange日本語版を日本市場へ向けて出荷開始したことを発表します。 PowerExchangeは、特許化され豊富な実績を誇るソフトウェアであり、複雑なMainFrameシステムに対するバッチ、変更(Change/CDC)、またはリアルタイムのオンデマンド・アクセス機能を提供します。

今日のITを活用した企業ユーザは、ソース システムのアクセスに、多様なプラットフォームからデータ抽出を行いながら、業務システム間において、データの整合性とセキュリティを維持するため試行錯誤を繰り返しています。PowerExchangeでは、先進の暗号化テクノロジとアクセスログの管理により、これらのデータの整合性を保証。そのアドバンス スタート/ストップ リカバリ機能によりネットワークの機能停止によるプロジェクトリスクを低減し、また検出と抽出のプロセスによって処理の中断箇所を識別し即時にセッションを再開します。この安定したリカバリ オプションによりデリバリを保証しデータの安全を確保します。

また、メインフレームに存在する重要なエンタープライズデータシステムへのアクセスを、先進のデータ統合プラットフォームである PowerCenter と緊密に統合された形で実現します。 PowerCenterの活用で、『一度の開発で多数の用途に適用できる』(Make One time, Run Anywhere)アプローチを適用することにより、プロジェクトのコストを大幅に削減でき、企業はさまざまな統合プロジェクトに取り組む際の貴重な時間やリソース資源を本来注力すべきビジネスへと集中することが可能となります。
PowerExchangeは、MainFrame(IBM OS/390, z/OS)ソース環境内で稼動します。この複雑なデータソース Flat File, VSAM, DB2, IMS(*1)に対しPowerCenterからのSQLアクセスが可能であり、データ・アクセス、変換ロジック(ETL機能)とメタデータは、PowerCenterで一括管理することで、企業内IT情報の利用価値を最大化することができます。

この2製品の組み合わせにより、従来から利用しているEAI、BIツールからの複雑なアクセス・制御、維持管理環境から開放され、各ツールが本来持つ機能を十分に発揮することができるため、ユーザ環境の負担を削減、クリティカルな業務に柔軟に対応することで、業務のスループットを大幅に向上することができます。


「PowerExchange」の主な機能
オンデマンド・データアクセス・ソリューション
PowerExchangeアーキテクチャは、拡張可能なサービス指向アーキテクチャ(SOA)をベースとして設計され、PowerCenterからシームレスに統合を行うことで他のデータソースと統合アクセス、データの一元化、データの可視化、ITによる企業監査の対応などをオンデマンドで 1つにシステム統合することで、現在直面している課題と将来発生し得る問題やビジネスチャンスへも柔軟に適応。

レガシーシステムの専門知識なしで自由にアクセス、メインフレーム資源を有効に活用
複雑なデータの差分抽出をPowerExchange変更データキャプチャ機能(CDC/Change Data Capture)の利用で、メインフレーム環境でのデータ抽出アプリケーションのコーディングが不要になり、プロジェクト全体のコストを大幅に削減、今まで手が届かなかったビジネス要求の変化に柔軟に対応。
特許を持つPowerExchange変更データキャプチャ機能(CDC)をGUIで変更カラム設定をメタデータとして定義、いつでもPowerCenterから変更された差分データを取り出すことができます。また、メインフレーム全体のCPU使用負荷などを減らすことで、高価な資源の有効化・効率化が図れます。

「PowerExchange」の特徴
・IBMメインフレームのソースデータに必要なアクセス機能と簡易インストーラを装備
・将来の拡張性に対応したSOAベースのデータ統合開発環境を提供
・チームベースで開発ができる、データマップのメタデータ開発環境理
・バッチ、変更、リアルタイム実行の処理方法とアクセス間隔の柔軟な選択が可能
・特許を持つ、変更キャプチャ機能(Change/ CDC)で差分データを抽出
・COBOLプラグラムのデータ定義句(Copy文)でメタデータの取り込み
・IBM EBCDIC 日本語コードページをサポート
フラットファイル、VSAM (KSDS)、 IBM DB2をサポート(*1: IMSは2006上期予定)、IBMOS/390, z/OSサーバをサポート

Informatica および PowerCenter、 PowerExchange は米国ならびに他の国における Informatica Corporation の登録商標です。その他のすべての会社名および製品名はそれぞれの企業に属します。

■本件に関するお問い合わせ先
インフォマティカ・ジャパン株式会社 マーケティング部 部長 中村和宏
電話:03-3556-3711 FAX:03-3556-3766
E-mail :knakamura@informatica.com

用語解説

■インフォマティカについて
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータ インテグレーション ソフトウェアにおける世界No.1ベンダーです。 インフォマティカのソリューションは、組織全体の貴重なデータへのアクセス、データ統合、データのビジュアル化、監査などを支援することにより、ビジネスパフォーマンスの改善や顧客収益率の向上、サプライチェーンプロセスの合理化を実現すると共に、各種規制・法制への準拠体制の予見的な管理を可能にします。 現在、インフォマティカのソリューションは世界 2200 社を超える企業のエンタープライズ データ インテグレーションに対するエンド・ツー・エンドのニーズに応えています。 (リンク »)
インフォマティカ・ジャパン株式会社およびインフォマティカに関する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社(代表 03-3556-3711)までお問い合わせいただくか、弊社 Web サイト (リンク ») をご覧ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

インフォマティカ・ジャパン株式会社の関連情報

インフォマティカ・ジャパン株式会社

インフォマティカ・ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから