編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

インフォマティカとインキュデータ、企業のデジタルマーケティング戦略を支援するパートナーシップを締結

インフォマティカ・ジャパン株式会社

2021-05-19 11:00

インフォマティカ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田浩生、以下「インフォマティカ」)と、インキュデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 藤平大輔、以下「インキュデータ」)は、本日、企業のデジタルマーケティング戦略の支援においてパートナーシップを締結し、協業していくことに合意いたしました。これにより、デジタルマーケティングの強化を検討している法人のお客さまに対して、クラウドでのデータ管理からマーケティング設計と施策の実行まで幅広いサービスをシームレスに提供することが可能となります。

新型コロナウイルス感染症の流行が消費者行動にさまざまな変化を起こし、人と人との接触が制限されるなか、顧客とのつながり方やマーケティング方法のデジタル化に注力する企業が増えています。効果的なデジタルマーケティング施策の実施には、顧客理解が必要です。そのためには顧客とのあらゆる接点からデータを収集・統合・分析し、顧客行動の変化とその要因を即座に突き止め、顧客理解のインサイトを獲得することが求められます。

一方、企業においては、顧客情報、購買履歴、Web訪問データなど保有するデータの量や形式が急増することで、データ管理の課題に直面しています。クラウドや自社システムといった社内の異なる場所にデータが保管されているだけでなく、セキュリティやコンプライアンスの面から、データの統合は非常に難しくなっています。

今回、インフォマティカとインキュデータの協業により、企業のデータ連携基盤の導入からデジタルマーケティングの高度化まで一貫して支援できるようになりました。クラウドエンタープライズデータ管理を支えるインフォマティカは、データ分析やデジタルマーケティングに最適なデータ基盤の構築を支援します。インフォマティカの提供する「Informatica Intelligent Cloud Services(以下「IICS」)」は、データ連携からデータクレンジング、マスターデータ管理、データガバナンスまで、企業のデータマネジメント全体を統合されたプラットフォームで実現します。インキュデータはCDP(カスタマーデータプラットフォーム) *1、ソーシャルログインプラットフォーム、クッキーの利用に関する同意管理プラットフォームといった企業の効率的なデジタルマーケティングを実現するための各種ソリューションの提供と、IICSも含めたシステム設計、導入支援およびマーケティング施策の立案/実行・運用の各サービスを提供いたします。
これらソリューションを組み合わせて導入することで、企業は社内に点在するデータの統合からデジタルマーケティングの設計まで包括的に実現することが可能になり、必要なデータをセキュアに管理しながら、効果的なマーケティング施策を実施できるようになります。今後両社は、法人のお客さまの企業価値向上のため積極的に支援を行ってまいります。

※1 CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは、顧客を理解するためにあらゆる顧客データをエンリッチ化し、活用できるプラットフォームです。また、外部のデータやサービスとの連携により、高度なオーディエンス分析から各種マーケティング施策までをシームレスに実行することが可能です。

インキュデータについて
ソフトバンク、博報堂、トレジャーデータの3社それぞれの強みを生かし2019年10月に事業をスタートさせたインキュデータは、データ活用における戦略立案から「Treasure Data CDP」導入による分析基盤の構築・運用だけでなく、ソフトバンクが持つデータ・テクノロジーと博報堂グループのマーケティング/コンサルティング力をかけ合わせ、各種施策を実行するためのデータ活用のコンサルティングまでをワンストップで提供し、お客さまの企業競争力強化・企業変革に貢献いたします。また、近年の強まる個人情報保護の流れを受け、今後主流になっていくと考えられている3rd パーティクッキーに依存しない効果的なデジタルマーケティングを支援するため、ユーザが各種 Webサービスに SNS などのアカウントでログインできるようにするソーシャルログインプラットフォーム「Loghy™(ロギー)」と、クッキーの利用に関する同意管理プラットフォーム「Qonsent™(コンセント)」を、2020年1月より提供開始しています。

インフォマティカについて
インフォマティカは、エンタープライズクラウドデータマネジメントをリードする唯一の企業であり、データ主導型のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。企業のイノベーションを加速し、俊敏性の向上や新たな成長機会の獲得によって、インテリジェントな破壊的イノベーションを支援しています。また、インフォマティカは企業のデータの力を25年以上にわたり引き出し、世界で9,000社以上の企業がそのソリューションを利用しています。
インフォマティカに関する詳細は、インフォマティカ・ジャパン株式会社(代表:03-6403-7600)までお問い合わせいただくか、Webサイト www.informatica.com/jp/ をご覧ください。


このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]