スマートエントリー用3軸一体アンテナコイル 「SA3D14タイプ」の販売を開始

東光株式会社 2006年10月23日

東光は、自動車のスマートエントリー用受信アンテナに最適な面実装3軸一体アンテナコイル「SA3D14タイプ」の販売を開始しました。

リモコンやキーなどに内蔵するアンテナコイルには、小型で落下衝撃に強い構造が求められます。SA3D14タイプは、フルモールド成型による優れた落下衝撃性と高信頼性を実現、コア形状と電極構造の最適化により高感度と小型化を両立した、3軸一体タイプのLF受信アンテナコイルです。

主な特徴は次のとおりです。
・車載基準に適合する高信頼性
・磁性体と巻線部を樹脂封止した耐衝撃構造
・磁性材と電極構造の最適化による高Q・高感度性能
・設計自由度が広く、広インダクタンス範囲可能
・SA3D14は3軸一体アンテナコイル
・リフロはんだ付けが可能
・RoHS 指令対応
・13.8×13.8×3.6mm(Max)


【「SA3D14」のカタログ】
(リンク »)


■製品に関する問い合わせ先
東光株式会社 営業センター(首都圏営業部)
〒145-8585 東京都大田区東雪谷2-1-17
TEL:03-3727-1168、FAX:03-3727-1169

このプレスリリースの付帯情報

SA3D14

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東光株式会社の関連情報

東光株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?