入出力キャパシタレス CMOS低飽和レギュレータIC 「TK684xxAB1」の販売を開始

東光株式会社 2007年03月26日

TK684xxAB1は、携帯電話などの高密度実装を要求される携帯機器やバッテリ使用機器などに最適な小型4バンプ フリップチップのCMOS低飽和レギュレータICです。

200mAの出力電流を安定して供給、入力容量・出力容量及びノイズパス容量が不要で、低い電源電流などを特長とします。また、出力電圧は内部固定で1.2~4.2Vで設定可能です。

主な特徴は次のとおりです。
・ パッケージ:FC-4
・ 入力容量、出力容量、ノイズパス容量が不要
・ 低い電源電流
・ 低い入出力間電圧降下
・ 垂下型過電流保護、過熱保護
・ ON/OFFコントロール
・ 高い出力電圧精度

【「TK684xxAB1」のカタログ】
(リンク »)

■製品に関する問い合わせ先
東光株式会社 営業センター(首都圏営業部)
〒145-8585 東京都大田区東雪谷2-1-17
TEL:03-3727-1168、FAX:03-3727-1169

このプレスリリースの付帯情報

TK684xxAB1

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東光株式会社の関連情報

東光株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!