『無線ICタグ(RFIDタグ)ソリューション』 2005年11月18日リリース開始

エスピーイー株式会社は、新規事業としてRFIDソリューションのスキャナ開発、アプリケーションの開発、SI提案、開発キットの販売を強力に推進して参ります。

エスピーイー株式会社 2005年11月14日

システム開発・検証を主業務とするエスピーイー株式会社は、無線ICタグ(RFIDタグ)を活用したソリューション事業をアールエフジャパン株式会社様の協力会社として開始いたします。

システム開発・検証を主業務とするエスピーイー株式会社(本社:東京都目黒区東山3-15-1出光池尻ビル7F 代表取締役:山口和孝)は、無線ICタグ(RFIDタグ)を活用したソリューション事業をアールエフジャパン株式会社様(本社:東京都品川区戸越3-9-20平田機工ビル3F 代表取締役:枝廣輝樹氏)の協力会社として開始いたします。広く全業種を対象にしたRFIDソリューションの一環として「受付管理システム」、および車輌を対象にした「車輌管理システム」の提供を開始いたします。

「受付管理システム」は非接触の無線ICタグを利用し入退室の管理を行います。建物・工場・学校等の受付業務の効率化とセキュリティに貢献します。
 「車輌管理システム」は車に非接触の無線ICタグを装着しゲート等にリーダ/ライタを設置することで、駐車場や貸出しの業務の効率化を図ります。

今後、マイクロ波帯(2.45GHz)を使用したソリューションを中心に事業展開を図っていきます。2.45GHz帯は、スキャナ(リーダ/ライタ)が小型化でき、読み取り速度、複数一括読取などの特徴があり今後の発展が見込まれます。
弊社では、今後スキャナ(リーダ/ライタ)の開発も視野に入れ、アプリケーションの開発、SI提案、開発キットの販売を強力に推進して参ります。

●販売時期 2005年11月18日
●販売目標 10件(初年度)
●お問い合わせ先
エスピーイー株式会社RFIDソリューションチーム
電話:03(5722)5456
URL: (リンク »)
E-mail:sales@spe-soft.co.jp
担当:佐藤まで

このプレスリリースの付帯情報

RFID管理システム

用語解説

RFID:Radio Frequency IDは情報を記録しておくICチップと無線通信用のアンテナとを組み合わせたタグのことです。「無線ICタグ」「RFタグ」等と呼ばれます。リーダ/ライタから電波を送受信して情報を読み書きし、アクティブ(電池を内蔵)とパッシブ(電源を持たない)タイプに大別されます。周波数帯により、UHF帯、13.36MHz帯、2.45GHz帯などがあり、用途により選択します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エスピーイー株式会社の関連情報

エスピーイー株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!