小型携帯機器 DC-DCコンバータ用固定インダクタ 「DP4xxCシリーズ」を販売開始

東光株式会社 2006年04月12日

東光は、DSCやDVCなど各種携帯用電子機器の小型化ニーズに対応するため、DC-DCコンバータ用チョークの品揃え拡充を目的として、新たに面実装固定インダクタ「DP4xxCシリーズ」の販売を開始しました。

DP418C/DP420Cは、4.2mm max.角、高さ 1.8/2.0mm max.の閉磁路構造で、平角線の使用により低直流抵抗、小型・低背型大電流対応の面実装固定インダクタです。
【主な特徴】
・ 小型低背 : 高さ DP418C 1.8mm max. / DP420C 2.0mm max.
・ インダクタンス値 : DP418C 4.3、10、33μH / DP420C 10、15、47μH
・ 重量 : 100mg/120mg
・ 梱包単位 : 2000個/リール
・ RoHS指令対応

■製品に関する問い合わせ先
東光株式会社 営業センター(首都圏営業部)
〒145-8585 東京都大田区東雪谷2-1-17
TEL:03-3727-1168、FAX:03-3727-1169

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東光株式会社の関連情報

東光株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから