トライコーンとビートラステッド・ジャパンが電子証明書発行サービスにおいて業務提携

~フィッシング対策として電子メール署名用証明書、SSLサーバ証明書を販売~

トライコーン株式会社 2006年11月08日

トライコーン株式会社(本社:東京都新宿区 代表:七村 守)とビートラステッド・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:阿多 親市)は、電子証明書発行サービスにおいて業務提携を行ったと発表した。

トライコーンとビートラステッド・ジャパンが電子証明書発行サービスにおいて業務提携
~フィッシング対策として電子メール署名用証明書、SSLサーバ証明書を販売~
(リンク »)
(リンク »)

トライコーン株式会社(本社:東京都新宿区 代表:七村 守)と情報セキュリティプロパイダであるビートラステッド・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:阿多 親市)は、電子証明書発行サービスにおいて業務提携を行ったと発表した。

フィッシング詐欺などの脅威に対して有効なサービスを法人企業に提供するために、2006年7月より全国各地で共同セミナーを開催してきた両社がこのたび、トライコーンが提供するメール配信ASP「アウトバーン」と
ビートラステッド・ジャパンが提供する電子メール署名用証明書「SureMail(シュアメール)」をセットで販売するサービスを展開する。
また同時に、ビートラステッド・ジャパンが提供するSSLサーバ証明書「SureServer(シュアサーバ)」の販売も開始する。

アウトバーン「S/MIME」
(リンク »)

ビートラステッド・ジャパン
「SureMail(シュアメール)」
(リンク »)

「SureServer(シュアサーバ)」
(リンク »)


トライコーンではすでにメール配信ASP「アウトバーン」に搭載されているS/MIME配信機能の他にその運用ノウハウの提供を行い、ビートラステッド・ジャパンは電子証明書の提供に留まらず、トライコーンに対して認証サービスに関連した内外の最新情報の提供を行う。

当社取締役の花戸俊介は「今回の業務提携をきっかけにして、法人企業への電子メールセキュリティの意識向上に努めたい。また今後はビートラステッド・ジャパンが提供するセキュリティサービスの共同拡販も視野に入れ更に安心してインターネットを利用できる社会の実現に貢献したい。」とコメントしている。


■メール配信ASP「アウトバーン」

(リンク »)

アウトバーンは、データベースに登録されている趣味・興味、嗜好など会員の属性情報に合わせて、一通ずつ個別のメールを配信するシステム。

ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)と呼ばれるインターネットブラウザ経由のサービス形態で展開している。

長年の運用実績、システムの冗長化構成、充実したサポート、高度なセキュリティ体制を備えたデータセンタの利用など、業界最高水準のサービス品質を提供している。

高いセキュリティ管理が要求される中央官公庁や金融機関、上場企業を中心として多数の企業に導入されている。


■ビートラステッド・ジャパン株式会社

ウェブサイト : (リンク »)
所在地    : 東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング10F
事業内容   : インターネット上での第三者認証機関、ならびに情報
         セキュリティ分野での世界的な先端ソリューションの提供


■トライコーン株式会社

ウェブサイト : (リンク »)
所在地    : 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル13F
事業内容   : 電子メールを利用したビジネスモデルの企画、運営


■関連会社

会社名    : 株式会社セプテーニ・ホールディングス
ウェブサイト : (リンク »)
所在地    : 東京都新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワー26F
事業内容   : 株式等の保有を通じたグループ企業の統括、管理等


■お問合せ先

トライコーン株式会社
マーケティング&コミュニケーションズグループ : 籔下
電話番号    : 03-5324-7071
メールアドレス : sales@tricorn.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トライコーン株式会社の関連情報

トライコーン株式会社

トライコーン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!