課題はあるが、HDTVはアジア太平洋地域で着実に成長

株式会社データリソース 2006年12月14日

フラットパネルテレビの販売比率が上昇しており、HDTV (高精細度テレビ)の価格がより手頃になっているにもかかわらず、アジア太平洋地域市場の大部分において、放送事業者によるHDTVコンテンツの有料配信数の増加はいまだ限定的であると、米国調査会社インスタット社は報告しており、アジア太平洋地域のHDTVサービス加入者数については、2006年半ばの約800万から2011年には3900万に達すると予測している。

フラットパネルテレビの販売比率が上昇しており、ハイディフィニション機能搭載のTVの価格がより手頃になっているにもかかわらず、アジア太平洋地域市場の大部分における放送事業者のHDTVコンテンツの有料配信数の増加はいまだ限定的であると、米国調査会社インスタット社は報告する。アジア太平洋地域のHDTVサービス加入者数は、2006年半ばの約800万から2011年には3900万に達すると予測している。

「HDTV普及の主な障害は、衛星、地上波、ケーブル、IPネットワークの帯域幅が不十分なことである。ほとんどのアジア太平洋地域のオペレータはHDTVの実現性を必ずしも確信しておらず、現在の標準のテレビ放送の多くのチャンネルにかけているコストほどには、HDTVに大きなリソースを割り当ててはいない」とインスタット社のアナリストBryan Wang氏は語る。

インスタット社は下記についても調査した。
■ アジア太平洋地域のHDTVディスプレイの総出荷数は2005年に410万に達した
■ インドのHDTVディスプレイは、2008-2011年から中長期的にかなり大きく成長するだろう
■ HDTVの新しい参加企業は、特定の国/地域で成功した事例があるからといって、他の特定の国/地域でも同じ戦略が通用するわけではないということを認識すべきである

インスタット社の調査レポート「アジア太平洋地域のHDTV市場:主要企業と市場予測 - In-Depth Analysis: Asia/Pacific HDTV Market Sets Off in 2006」は、アジア太平洋地域のハイビジョンテレビの市場を調査した。2011年までのHDTVの出荷台数、収益、加入者数を予測し、市場の促進要因と課題を分析している。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アジア太平洋地域のHDTV市場:主要企業と市場予測
In-Depth Analysis: Asia/Pacific HDTV Market Sets Off in 2006
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?