ELISshop、“即納コーナー”と“箱・リールコーナー”新設のお知らせ

~ 当日発送、箱リール単位での購入を実現、部品調達の効率をアップ ~

株式会社エリスネット 2007年01月19日

半導体・電子部品調達サイト「ELISshop」を運営する 株式会社エリスネット (本社:東京都港区、代表:石井利幸)は、同サイトにおいて、“即納コー ナー”と“箱・リールコーナー”を新設し、2007年1月19日よりサービスを 開始いたします。

「ELISshop」は、設計段階で少量の半導体・電子部品を調達したいというご要
望からサービスを立上げ、多数の半導体・一般電子部品商社・代理店が店舗と
して参加するショッピングモールです。通常在庫18 万点、取扱いメーカ850 社
以上(2006 年12 月現在)を保有し、在庫からのダイレクト購入や在庫品以外
のお取り寄せ調達が可能です。少量からのご購入が頂けるようになっており、
お客様の「部品調達の効率アップ」「調達困難品の入手」のお手伝いをいたし
ております。

今日、地上波デジタル放送の拡大等による薄型テレビ(PDP・液晶)、DVDレコ
ーダ等のデジタル家電や自動車関連市場の需要拡大、携帯電話、携帯デジタル
オーディオ等の市場拡大が継続し、設計段階でのリードタイムが短縮しており
ます。 試作部品調達段階に於いても翌日欲しいという課題があり、少量に於
いても“即納”といった需要があります。

「ELISshop」ウェブサイトを立ち上げ7 年が経過し、店舗数、メーカ数、会員
数の増加に努め、“1個から購入可能”をキーワードに順調に運営を進めてき
ました。
このたびの発表は、小口対応専門というイメージが定着していたサービスに
“箱・リール単位コーナー”と“即納コーナー”を用意することで、一定量で
の購入が可能になること、また、最短では当日発送可能な商品情報を、スピー
ディーに提供し、お客様の部品調達の効率アップの貢献を目的とするものです。

“即納コーナー”と“箱・リールコーナー”の特長は以下の通りです。


<即納コーナー>
 半導体、一般電子部品を1個から当日発送可能な即納コーナーです。
 ・午前10 時30 分までのご注文に関しては、当日発送をします。
 ・約100 社以上、12,000 点以上のお取扱いを予定しております。
 ・1 個からご購入可能です。(商品により異なります)


<箱・リールコーナー>
 箱・リール単位でのご購入、あるいは、継続注文に対応した見積依頼コーナーです。
 ・継続購入が可能です。
 ・箱、リール単位での購入が可能です


【ELISshop について】
 「ELISshop」は、半導体・電子部品を中心に取り扱うショッピングモールです。
 見積や購入するには、無料の会員登録が必要となります。
 会員数は、2万6000人(2006年12月31日現在)から、今後1年間で約3万人までの増加を
 目指しております。「ELISshop」は以下よりアクセスできます。
  (リンク »)


【株式会社エリスネットについて】
 エリスネットは、半導体・電子部品総合情報データベース事業を中心とし、製品の技術情報を提供する半導体・電子部品総合情報サイト「ELISNET」および、半導体・電子部品の調達サイト 「ELISshop」を運営。 また、データベース事業でのノウハウを活用したECサイトや検索サイト、社内システム等の構築・運用を支援するソリューション・サービス、エレクトロニクス業界に特化した広告サービスを展開しております。

【本件の連絡先】
 株式会社エリスネット 営業部
 〒105-0014 東京都港区芝2 丁目28-8 芝2 丁目ビル14 階
 TEL:03-5765-2081
 FAX:03-5765-3329
 URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エリスネットの関連情報

株式会社エリスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?