人材総合サービスのキャリアリンク株式会社がSuperStreamを採用

~ 株式上場を目指し、業務の効率化、標準化を実現~

スーパーストリーム株式会社 2007年01月22日

エス・エス・ジェイ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤祐次、以下SSJ)は、人材総合サービスを展開するキャリアリンク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:近藤裕彦、以下キャリアリンク)がSSJの統合業務パッケージSuperStream(スーパーストリーム)を導入し、2006年9月より稼動開始していることを発表します。

キャリアリンクでは、各支店およびグループ会社に分散していた会計業務を本社に一括し、業務の効率化および標準化を実現しています。これにより、月次決算の所要日数を従来の10日から半分となる5営業日以内に短縮するためのシステムが整いました。また、変化対応力に富んだ強い組織への飛躍に向け、月中でもリアルタイムな売上/原価計上状況のデータ照会が可能な体制作りを図っております。

同社では、株式上場という経営目標の実現に向け全社一丸となり業務に邁進する中、経理部門においては決算業務の短期化が課題となっていました。また、旧システムではPCパッケージで会計業務を行なっており、他システムと連携できなかったことや、特定の担当者のスキルに頼った業務運用などがあり、業務の効率化・標準化も課題となっていました。
特に従来のタイムカード方式での勤怠管理の場合、①登録スタッフの記入、②受け入れ企業の承認、③同社への回収、といった物理的な書類を中心とした月末バッチ業務処理体制から、Webベースの電子ネットワーク化によるリアルタイム利益管理体制の構築を視野に入れ、2006年4月より新会計システムの検討を開始しました。

同年7月に、Webとのスムーズな連動、グループ会社の実績を合算して財務諸表を簡易に作成する機能や管理会計用の仮想組織を設定する機能、複数の予算管理機能を持ち、低コストでスピーディに導入でき、豊富な稼働実績を持つ基幹会計システムSuperStream-COREと、支払管理システムのSuperStream-AP+の導入を決定し、1ヶ月という短期導入を実現し、9月より稼働開始しています。

今後は目標である株式上場、更なる特定・新規事業の分社化に向けて、SuperStreamのグルー
プ会社合算機能を活用し、「日本一親身な人材総合サービス会社」として、フロントオフィスシステムの強化とバックオフィスシステムの連携の充実を図り、社会の変化に柔軟に対応できる企業グループ経営管理体制構築を目指します。
なお、今回のシステムの提案から導入、運用サポートにあたっては、ケー・イー・エル システムズ株式会社が担当しています。

以上

■キャリアリンク株式会社について
紹介予定派遣、人材派遣、人材紹介を主業務として、コールセンターサポート、製造派遣事業など、人材総合サービス会社として、設立以来邁進してきました。現在ではグループ会社全体で全国に12支店を展開し、更なる成長を目指します。
事業内容:人材派遣サービス/人材紹介サービス/テレマーケティングサービス/製造派遣事業/請負サービス
設立:平成8年10月1日
資本金:1億6,000万円
従業員数:252名(平成19年1月16日現在)
グループ売上高:約78億円(2006/2期:同期は11ヶ月の変則決算となり、3月売上も加算したもの)
本社所在地:東京都新宿区西新宿2丁目1番1号
URL: (リンク »)

■ケー・イー・エル システムズ株式会社について
兼松エレクトロニクス㈱のソフトウェア専門会社として設立。従来のソフトウェア開発・保守事業以外にソフトウェアプロダクト販売事業でお客様の経営課題にお応えするソリューションを提供します。
事業内容:業務アプリケーションの開発/ソフトウェアの販売/情報処理システムのアウトソーシング
/情報処理技術者の派遣
設立:平成10年4月2日
資本金:4,000万円
従業員数:34名(平成18年10月現在)
売上高:4億1500万円(平成18年3月期)
本社所在地:東京都中央区京橋2丁目17番5号
URL: (リンク »)

■エス・エス・ジェイ株式会社について
エス・エス・ジェイ株式会社は、統合業務パッケージ「SuperStream(財務会計・人事/給与)」の開発・販売を行っています。SuperStreamは1995年6月の発売開始以来、国内の中堅企業を中心に指示を受け、累計で4,457社(2006年9月現在)を越える導入実績があります。(そのうち約487社が店頭市場以上に株式公開。)販売開始から11年間、様々な業種の業務ノウハウと日本の商慣習を十分にふまえた製品開発を続けており、基本的にノンカスタマイズ・ローコストで短期間導入が可能です。特に機能の充実度については高い評価をいただいており、費用対効果の高い基幹システムの構築を実現します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?