Forbes JAPAN Web編集長 谷本 有香氏登壇!「日本復活の鍵?最新テクノロジーとの共想共創~成功事例に学ぶ 技術で尖るビジネス戦略~」セミナー追加情報発表

スーパーストリーム株式会社

From: PR TIMES

2023-09-13 13:46

スーパーストリーム株式会社 統合直前セミナー 社長自ら語るSuperStreamに込められた想い / 2023年9月28日(木)14時 オンライン配信[無料]

キヤノンマーケティングジャパングループのスーパーストリーム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村松 昇、以下スーパーストリーム)は、2023年9月28日(木)14時からオンラインにて「日本復活の鍵?最新テクノロジーとの共想共創~成功事例に学ぶ 技術で尖るビジネス戦略~」セミナーを開催するにあたり、追加情報をお知らせいたします。

2023年10月1日付でキヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社へスーパーストリーム株式会社が統合になるため、「SuperStream(スーパーストリーム)」としては新たなステージに向かいます。
今回の統合は、会計システム・人事給与システム「SuperStream」の製品力を一層強化し、持続的な成⾧戦略を推進するための重要な一環となります。また、SuperStreamは最新テクノロジーに向き合い、日々変化する市場の要望へ、適切に応える体制を整えてまいります。
第二部のパネルディスカッションでは、社長の村松自ら、「技術で尖る」SuperStreamの展望について語ります。



ゲストに4,000人を超えるVIPにインタビュー経験のある、Forbes JAPAN Web編集長 谷本 有香氏をお迎えし、最新テクノロジーをどうビジネスに取り入れるかについて成功事例を交えてご講演頂きます。
[画像1: (リンク ») ]

■なぜ今、スーパーストリームが最新テクノロジーセミナーを開催するのか?
スーパーストリーム株式会社は、「日本の会計・人事を変える。もっとやさしく、もっと便利に」を合言葉に、会計と人事給与に特化したシステムを提供しています。企業のバックオフィスを支える経営基盤ソリューションとして、パートナーとともにクラウド市場へも積極的に展開し、2023年3月に累計導入社数10,345社を達成しました。
さまざまな業種の業務ノウハウと日本の商慣習を充分にふまえた製品開発を続けており、企業のバックオフィスを支える経営基盤として、経営的視点に立った情報活用と企業の成長戦略を強力にサポートしています。
設立37年になり、業界では老舗メーカーとなった弊社が更なる進化を遂げ、競争力を維持するために、2025年のビジョンを「技術で尖るメーカー」とし、邁進中です。
その過程で、最新テクノロジーを取り入れる際、いくつかの課題に直面しました。例えば、人財の確保やDX推進への貢献方法です。日々変化するビジネス環境にいる皆様へ、これらの課題に対する解決策や最新テクノロジーの有効な導入方法を提供するために、本セミナーを開催することにしました。

■Forbes JAPAN Web編集長の視点から解説!
 最新テクノロジーで日本がどう変わっていくのか?「個の時代到来」とは?
本セミナーでは、日本の復活と持続的な成長を促進するために、最新のテクノロジーとビジネス戦略の結びつきに焦点を当てます。
オードリー・タン台湾デジタル担当大臣、アップル共同創業者スティーブ・ウォズニアック等、4,000人を超えるVIPにインタビュー経験のある、Forbes JAPAN Web編集長 谷本 有香氏より、最新テクノロジーで日本がどう変わっていくか?を成功事例を交えながら解説いたします。

第二部のパネルディスカッションでは同編集長とスーパーストリーム代表取締役社長が、最新テクノロジーとの共想共創についてディスカッションします。時代の進化と共に「個の時代到来」と言われる中、企業は「組織」として、どう向き合っていくのか、テクノロジーの力を最大限に活用しつつ、「個」と「組織」が協力し合いながら、競争の激しいビジネス環境で優位性を築く方法等について学びましょう。
また、最新テクノロジーを融合させつつも、SuperStreamが大切にしている開発思想を皆さまと共有させていただきます。

「日本復活の鍵?最新テクノロジーとの共想共創
~成功事例に学ぶ 技術で尖るビジネス戦略~」について
【開催概要】
イベント名:「日本復活の鍵?最新テクノロジーとの共想共創~成功事例に学ぶ 技術で尖るビジネス戦略~」
開催日時:2023年9月28日(木)14:00~15:30
開催形式:オンラインセミナー(Zoom配信)
参加費:無料
定員:500名(先着)
主催:スーパーストリーム株式会社

【プログラム】
14:00~14:10 ご挨拶
14:10~14:30 第一部 基調講演「Forbes JAPAN Web編集長から見た、最新テクノロジーで日本がどう変わっていくか」
14:30~15:25 第二部 パネルディスカッション「日本復活の鍵?最新テクノロジーとの共想共創~成功事例に学ぶ 技術で尖るビジネス戦略~」
15:25~15:30 経理・人事の未来2027
※プログラムの内容は予告なく変更となる可能性がございます。

【お申し込み方法】
1 イベント詳細ページ( (リンク ») )より必要事項を記入しお申し込みください。
2 お申し込み時にご登録いただいたメールアドレス宛に後日視聴用のURLをお送りします。

登壇者
[画像2: (リンク ») ]

谷本 有香(たにもと ゆか)氏
Forbes JAPAN Web編集長

略歴
証券会社、Bloomberg TVで金融経済アンカー後、米MBA取得。日経CNBCキャスター、同社初女性コメンテーター。オードリー・タン台湾デジタル担当大臣、トニー・ブレア元英首相、アップル共同創業者スティーブ・ウォズニアック等、4,000人を超えるVIPにインタビュー。

現在、J-WAVE「JAM THE PLANET」、TBS「坂上&指原のつぶれない店」のレギュラー経済コメンテーター他、MX「モーニングCROSS」、TBS「ビビット」コメンテーター他、TV出演多数。経済系シンポジウムのモデレーター、政府系スタートアップコンテストやオープンイノベーション大賞の審査員、ロイヤルハウジンググループ上席執行役員、WARPSPACE社外取締役、All Personal顧問等、企業役員としても活動。立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究所 研究員/アドバイザリーボードメンバー。2016年2月よりForbes JAPANに参画。2022年1月1日より現職。

Forbes JAPAN Web: (リンク »)

村松 昇(むらまつ のぼる)
[画像3: (リンク ») ]

スーパーストリーム株式会社 代表取締役社長

略歴
1987年、キヤノン販売(現キヤノンマーケティングジャパン)入社。
2002年より同社 IT サービスの販売推進を担当。2009年、キヤノンITソリューションズに出向。同社でシステムインテグレーション事業に携わり、2019年執行役員、2020年上席執行役員、2021年から新設されたデジタルイノベーション事業部門担当。
2021年、スーパーストリーム代表取締役社長就任。

山田 英樹(やまだ ひでき)
スーパーストリーム株式会社 マーケティング本部マーケティング部 部長

略歴
1998年4月、旧エス・エス・ジェイ社(現スーパーストリーム社)入社
サポート業務、導入コンサルティング業務に携わる
コンサルティング業務では売上1兆円企業から10億円企業まで幅広い企業に導入経験あり
2022年7月からマーケティング業務に従事しマーケティング、商品企画業務を実施中

スーパーストリーム株式会社について
[画像4: (リンク ») ]

「日本の会計・人事を変える。もっとやさしく、もっと便利に」を合言葉に、製品の機能拡充とサービスの向上。企業のバックオフィスを支える経営基盤ソリューションとして、パートナーとともにクラウド市場へも積極的に展開し、2023年12月に累計導入社数10,345社を達成。
さまざまな業種の業務ノウハウと日本の商慣習を充分にふまえた製品開発を続けており、企業のバックオフィスを支える経営基盤として、経営的視点に立った情報活用と企業の成長戦略を強力にサポート。

* 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

【法人概要】
法人名:スーパーストリーム株式会社
所在地:東京都品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル
代表取締役社長:村松 昇
事業内容: ソフトウェア・パッケージの企画・開発・販売等
設立: 1986年12月(日本での事業開始はマコーマック&ドッジ・ジャパン株式会社より)
HP: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]