簡単グループウェアサーバ『LacoodaST』を公開 人数無制限ライセンス・サポート・携帯電話機能付きで98,000円!!

株式会社スペースタグ 2007年01月25日

株式会社スペースタグは(本社:香川県高松市、代表取締役:増沢浩一)は、25万本以上の配布実績をもつ簡単サーバ構築パッケージ「STServer」をベースに10万本以上の配布実績をもつグループウェア「La!cooda WIZ」を統合したソフトウェアアプライアンス『LacoodaST』のWindows用20日間無料お試し版の配布を1月25日より開始しました。利用者数無制限のサーバライセンスキーは、98,000円で「( (リンク ») )」サイトを通じて購入できます。また、パートナー企業を通じてLinux版、FreeBSD版、ASPサービスの供給も行われます。

利用者数無制限のため、通常のライセンス体系では導入が困難である人員数が確定しない団体、教育機関や成長企業等の組織も容易にグループウェアの導入が可能となります。

『LacoodaST』は、世界中で広く利用され実績のあるウェブサーバー(Apache)/データベース(postgreSQL)/開発言語(PHP)といったオープンソースサーバとソースコードが公開されて長年にわたり改良が行われてきたグループウェアとの組み合わせにより、安定した運用が可能になります。さらに、携帯電話対応やファイル共有、ワークフロー、タスク管理、施設予約も可能などグループウェアの基本機能も完備しております。また、ダイナミックDNSサービスも標準装備されており、固定IPアドレスを持たない場合でも公開サーバーとしての運用が可能となります。
サポート面では、E-Mail対応によるサポートサービスのほか、『LacoodaST』にバグやセキュリティーホールが発見された場合には、インターネットを通じて適切なパッチが適用されるアップデートサービスが、初年度一年間は無料でおこなわれます(次年度以降は30,000円/年)。

また、従来の販売代理制度やOEM供給への要望に対応して、新規にパートナー制度を開始いたします。エンドユーザ様により近い立場のSI業者様によるきめ細やかな顧客対応を実現するのと同時に、自社の個別対応をなるべく減らして、ネット直販の価格およびパートナー様への仕切値を可能な限り低く抑えることを目的としています。
本パートナー制度は加入金は設定されず、販売数量の累積で仕切値が逓減していく仕組みとなっております。さらに、可能な限りの技術情報を開示してカスタマイズを行いやすくするとともに、積極的なOEM供給を前提とした内容になっております。

最新情報は「( (リンク ») )」で順次ご案内いたします。

------------------------------------------------------------------
■会社概要

社 名 :株式会社 スペースタグ
URL : (リンク »)
代表者 :代表取締役社長 増沢 浩一
設 立 :2001年11月
資本金 :1億2760万円
東京事務所:〒141-0031 東京都品川区西五反田8-2-12 フラッツ増沢
TEL:03-5740-8280 FAX:03-5740-8267
本社:〒761-0301 香川県高松市林町 2217-15 香川産業頭脳化センタービル

------------------------------------------------------------------
■この件に関するお問合わせ先

ラクーダST専用 メールお問い合わせ窓口
E-mail:st@lacooda.jp

株式会社スペースタグ
TEL :03-5740-8280
E-mail:info@spacetag.jp

※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用下さい

このプレスリリースの付帯情報

LacoodaST

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社スペースタグの関連情報

株式会社スペースタグ

株式会社スペースタグの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから